もう迷わないSNSの使い分け

内藤です

最近Instagramが人気ですね。

Instagramは、写真メインのSNSですが、こういった新しいSNSが出てきたときにどう使ったらよいのでしょうか。

SNSが出てくる度に取り組むのでは、手がかかりすぎてどれも中途半端になります。

SNSは入り口(看板)の役割

このブログで何度も書いていますが、複数のメディアを使う場合、まずは役割を理解すると、どう使うべきかも分かりやすくなります。

3つの役割で考えてみます。

・入り口(看板)
・売り場
・コミュニティ

入り口(看板)

自分や商品の存在を知ってもらう場所です。

ここではいきなり売るのではなく、関係を築いて関心を持ってもらうことが目的です。何度も何度も接触して覚えてもらうことが大切です。

多くの人に知ってもらった方がいいので、人が沢山集まっている方がいいです。つまり、ユーザー数の多いメディアがいいということです

そして、この入り口に向いているのがSNSになります。

・ユーザー数が多い
・スマホ使っている時間も多い
・繋がるのが簡単
・反応もダイレクト
・投稿が流れしまう(商品の詳細記事など置きにくい)

このような特徴があるので入り口に向いています

売り場

商品・サービスに関する詳細ページがあるメディアです。これを見て申し込んだり、電話かけたり、行ってみようと思ったりする場所です。

大事な記事が流れてしまうフロー型のSNSでは、向いていないわけです。
記事が流れずに、必要な情報がどこからでも見つけてもらえるブログやホームページがこの役割です。

ですから、売り場にはブログやホームページが向いています。

コミュニティ

自分や商品に対しての関心度が高くファンの度合いが高い人が参加している場です。

関心度が高いので反応もよく、一番利用に繋がる場です。

メルマガなど、こちらから連絡を取れる状態ものが望ましいです。

これら3つの役割を意識すると、メディアを使うと気にも、どんな使い方をすべきか迷いません。

入り口としてファンになってもらうキッカケとなる

SNSの特徴から、入り口の役割が向いていると説明しました。

では、代表的なSNSごとにもう少し説明してみます

facebook


今や最大のSNSで、もっとも大きな入り口にもなるメディアです。

特徴は
・ユーザーが多い
・売り場メディアへの一番の流入元(つまり一番の入り口)
・実名登録のため荒れにくく、リアルの繋がりにもなる
・50、60代のユーザーが他のSNSに比べて高い
・写真、文章で訴えかけられリンク誘導もしやすい

Twitter

一時期ほどではありませんが、まだまだ拡散力のあるSNSです。

特徴は
・文字ベースで手軽に投稿しやすい
・繋がりも増やしやすい
・10代や20代の若い層のユーザーが多い
・拡散力も高い

Twitterは実名じゃなくても登録できますからfacebookに比べると荒れやすいのですが、その分の本音の投稿も見えてきます

LINE

1対1のやりとりもしやすいLINE。 LINE@は友達に一斉にメッセージを送ることもでき、メルマガ的な要素も持ち合わせています

LINEの特徴は
・反応がすぐにわかる
・秘匿性が高い
・10代、20代のユーザーが多い

LINE@の登場で、ビジネス的な利用の幅が広がりました。開封率、反応率も非常に高いメディアです。

YouTube

今やGoogleに次ぐ検索エンジンとも言われているYouTube。やはり文章や画像だけでは伝えられない細かいことまで伝えられる動画は今やあたり前になっています。

特徴は
・動画で文章以上に伝えられる
・検索にも強い
・アップロードや編集も簡単
・ブログ等にも埋め込められる

YouTuberにも見られるように、ファンができやすいメディアでもあります。動画で分かりやすいというだけではなく、検索にも強いため、説明文に売り場メディアのURLを載せておけば、大きな入り口の役割も果たします

Google+

特徴は
・検索に強い
・ユーザーがジワジワと増えている

facebookやTwitterに比べたら入り口としてのパワーは弱いですが、GoogleのSNSだけあって、検索にも強いです。

Instagram

最近大人気になっているInstagram

特徴は
・ユーザーが急激に伸びている
・写真メインのSNS
・おしゃれで、女性ユーザーが多い

今最も伸びているSNSです。写真ベースで手軽ですが、投稿毎にリンクをはることができないため入り口としてのパワーは弱いです。 

関係性をしっかりと作る必要があるため、時間のかかるメディアでもあります。

まずはfaceboook

様々なSNSがあり、紹介したもの以外にもまだまだあります。

しかし、ユーザー数や、入り口としてのパワーで考えるとダントツにfacebookです。

海外のデータになりますが、サイトへの流入元になるSNSは圧倒的にfacebookが高いです。

見込み客にもよりますが、facebookなしではもはや考えられません。

入り口のSNSはfacebookを中心に、Twitter、YouTube等組み合わせてみましょう

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる