ネットの発信は提案

内藤です

ネットの発信て『提案』だと僕は思っています

例えば、ブログで商品を紹介する時でも、『商品の説明』ではなく、『商品を使った提案』です。

「これはこういうものですよ」

ではなく、

「これを使えばこうなりますよ」「こんな世界がありますよ」

という感じ。

iPhone5のCMはこんな提案でした。

「iPhoneで、いつでもどこでも音楽と写真のあるライフスタイルはどう?」

多くの人がその提案にのりました。僕もそのひとり^^;

例えば、その人にあったカラーを見つけて、服選びをアドバイスしてくれる人がいます。

「赤は、こうこうこうで、あーで、こういう意味があります。」とか説明しても、アドバイスを受けた側は、じゃあ赤をどう身につけたらいいか分かりません。

それよりは、「赤を入れたこういうコーデ」という例を、写真で見せてあげた方が、説明にならずに提案になります。

自分が身につけたイメージが頭に浮かびます。事前に体験ができます。

事前にあたまの中で体験させる

服屋さんにいって、買うつもりはなかったのに、試着してその姿を鏡で見て欲しくなって買う。なんてことがあります。

試着した姿をみて、実際にその服を着てどこかに出かけるシーンを思い浮かべたりします。それか、「こういう場所には着ていけるな」とか思ったり。

ハンガーに掛かっていただけだったら想像が膨らんでいなかったのに、袖に腕を通して、試着した途端に欲しくなります。

買った後に得られる世界をイメージします。つまり、事前に頭の中で体験している状態。

試着して鏡を見ると、「これあそこに着ていったら?」と提案されているようなもの。

ですから、1つ1つの発信は、提案だと思うのです。

見る人が、頭のなかで、その先にあるシーンをイメージできるようなものです。

そんな意識で投稿していくと反応も変わってくると思いますよ^^

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる