集客にもう使えない? どのSNSを使うかの基準

内藤です。

「このSNSはやるべきか?」

または、

「このSNSはもうやめた方がいいか?」

こんな風に思うときの判断基準の話です。(SNSをビジネス用として使う場合)

例えば、「アメブロはもう集客できない」とか、「facebookはもう集客できない」というような投稿を見たときに、鵜呑みにしてしまうのではなく、しっかりと考えたいです。

で、SNSは、売り場メディアへの、入り口看板だと僕はいつも言っています。それはSNSがそういう特徴を持っていて、役割的に向いているからです。

入り口や看板がイマイチ分かりにくいという方はこちらも参考にしてみてください
⇒ Facebookとブログでメディアを連動し、個人のビジネスを加速させるメディア構築講座

入り口や看板て、自分の見込み客が沢山いるところに置かないと効果がありません。

そうですよね? 人通りのない所や、自分の見込み客がいない場所でチラシ配りしても反応がないのは想像できます。

つまり、自分の見込み客が大勢いるSNSを使うべきということです。

当たり前のことなのですが、ついつい「Facebookがいい」「Tsuが来る」とか聞くと、その辺りを考えずに手を出しやすいです。

ですから、アメブロやFacebookに大勢いるなら、まだまだ使うべきです。

逆に、新しいSNS、これから来ると言われてはいるが、まだ利用者が少ないSNSは、人が集まっていない状態です。

でも、そのSNSが流行るとは限りませんし、「次来る」と言われてさっぱりだったSNSも沢山あります。

だから、新しい古いとか、「もうダメらしい」とか、「次来るらしい」とかではなく、実際に自分のお客さんになるような人がそこにいるかどうかが判断基準です。

Facebookがいいんじゃなくて、自分のお客さんになる人がFacebookを使っているからいい

Facebookがダメなんじゃなくて、自分のお客さんになる人がFacebookをやっていないからもうやめる

こんな風に判断したらいいと思います。誰に向けるかってメッチャ大事ですから。

そして、人それぞれお客さんがいるかいないかは当然違います。
だから、やるべき、やめるべきも人それぞれ違ってきます。

誰もいないところに向かって叫んでも受け取ってもらえません。
お客さんがいるのに、何も伝えなかったら受け取ってもらえません。

そんな風に思うんですよね〜。

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる