本当の変化や成果を求めるなら、一時の方法ではなく習慣にしよう

内藤です

今日は「方法と習慣」について。

僕は人に会うと、「毎日よくブログ、メルマガと書けますね〜」って感心されることがあります。

僕は、なんか偉そうに毎日書いてますが、上から目線で『教えてやろう』的な感じではなく、僕が感じた事や考えを共有するつもりで書いてます。

そのつもりで読んで下さると嬉しいです^^;

自分の言葉に置き換えることで、解釈も深まりますし、共感してくれる方もいます。

で、「方法と習慣」なのですが、

・方法は、技術やテクニック
・習慣は、日々自然と行う行動

こんな風に捉えています。

なにか習得したいとか、変わりたいときって「方法」に走りやすいです。

コツとか、やり方とか、秘訣とか、目が行きませんか?

でも本質的に変わったり、習得するには方法を実践するだけでなく、習慣化しないといけません。

テクニックをマスターするのではなくて、日常の当たり前の習慣として捉える必要があるという事です。

あと、テクニックとかだと、表面的な変化は得られるけど、内面からの変化は習慣によるものだと僕は感じます。

だから、僕が記事を毎日書いているのは、毎日書くという方法を実践してるわけではなく、単純に習慣としてやっているだけなのです。

つ、伝わりますかね。。。

これ、何にでも言い換えられる事かなと思います。

・幸せになる習慣
・前向きに考える習慣
・成功する習慣

こういうのってよく出てくることですが、特別なことではなく、ご飯食べたり、歯を磨いたりするのと同じ習慣です。

ごく当たり前の日常。

こう考えるだけでも、意識も行動も変わりますね〜

ちょっとやそっとの表面的なことしかやっていないのに、変化や成果はあらわれません。習慣になるまでやりこむから内側から本当の変化や成果に繋がることが起きます。

まずは習慣化させましょう

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる