絶対にお返しされない「友達になってください」「見に来てください」「いいねしてください」

内藤です

「よろしければ友達になってください!」
「見に来て下さい!」
「いいねしてください!」

Facebookでこんなメッセージをいただくことありませんか?
こういうのって逆効果だと思うんです。

相手のことを考えたメッセージか?

だって、それだけだと、友達になる意味、見に行く意味、いいねする意味が伝わらないから。
お願いばかりしていますよね。

メッセージを受け取った側は

「なんで友達にならなきゃいけないの?」
「なんで見にいかなきゃいけないの??」
「なんでいいねしなきゃいけないの???」

と思ってしまいます。

メッセージを送る時に、受け取る側の気持ちを無視ししてしまっていないでしょうか。
受け取ると嫌なメッセージを、立場が逆になった時にしてしまいやすいものです。

相手にメリットを見せよう

メッセージを受け取る側は、友達になること、見に行くこと、いいねすることの意味やメリットが分からないと、わざわざしようとは思いません。

意味やメリットが伝わらないだけではなく、「誰が行くか!」とマイナスな印象を与えかねません。

そうなったら、二度と相手にされなくなります。

名刺交換しただけでメルマガ送ってくるのも同じですね。

つながりを持ちたいから友達になる。
関心があるから見に行ってみる。
共感したからいいねする。

これがごく自然な心理です。

だから、受け取った側が、
友達になってなりたいと思えるようなメッセージ。
見に行ってみようと思えるようなメッセージ。
いいねしたいと思えるようなメッセージじゃないと。

メッセージを出す時は

どうしたら友達になりたいと思うか?
どうしたら見に行ってみようと思うか?
どうしたらいいねしたいと思うか?

を考えるべきですよね。

友達になって欲しい。
見て欲しい。
いいねして欲しい。

欲しい欲しいと自分のことしか考えていない誘い方では、いいつながりもファンもできません。

してほしいことはまず自分からしよう

そうならないためにも、してほしいことはまず自分からするようにしましょう。

・自分の要求ではなく、まず相手の投稿について触れる
・共通点や共感したことを書く
・先にいいねやコメントをする

まず相手に喜んでもらわないと。

相手に何を与えられるのか? 考えたいですね。

更新情報を受取る

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る