WordPressのインストール方法

内藤です

今回はWordPressのインストールの仕方について。
アメブロだけじゃ、もう怖いって方も多いですからね^^;

前回の、サーバーとドメインの準備はこちらから
⇒ WordPress サーバー、ドメイン準備編

WordPressのインストール

ドメインとサーバーの準備ができたら、WordPressをインストールします。
今では、サーバー内から簡単にインストールが可能です。(エックスサーバーを例にして説明します)

エックスサーバーのサーバーパネルで、まず対象ドメインを、ムームードメインで取得した独自ドメインに切り替えます。

そして、『自動インストール』をクリック。

『プログラムのインストール』からWordPressのインストールに進みます。

WordPress 日本語版の『インストール設定』をクリック

各所入力して、自動インストールの設定を行います

  • インストールURL:ドメイン直下(naitoisao.comなど)にインストールしたい場合は、/ の後ろは空欄にします。
  • ブログ名:サイトのタイトルになります。後で変更もできますので仮でもOK
  • ユーザー名:ログインするときに使うログイン名。簡単なものは、不正ログインなど攻撃を受けたりします。
  • パスワード:ログインするときに使うパスワード。こちらも簡単だと不正ログインされる危険があります。英数字混ぜて長めの文字にしてください。
  • メールアドレス:普段使うメールアドレスでOKです
  • データベース:初めてWordPressをインストールする場合は、『自動でデータベースを生成する』にチェックをいれます

入力したら、インストールボタンで、インストールを開始します。

「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の『index.html』が削除されます。ご注意ください」と表示されますが、これはWordPressをインストールしたトップページが表示されますよ、ということです。

エックスサーバーを以前から使っていて、HTMLでホームページなど作っていた場合、そのトップページ(index.html)が削除されます。

エックスサーバーを使うのが初めての場合は、そのまま『インストール』をクリックしてください。

ホームページなどがあって、index.htmlを使っている場合は、WordPressのインストール先を変えるなどしてください。

ログイン

WordPressのインストールが完了したら、実際にログインしてみましょう。

ログイン画面は

http://独自ドメイン/wp-login.php 

もしくは

http://独自ドメイン/wp-admin 

になります。覚えておきましょう。

WordPressの管理画面ついては、また今度

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。