WordPress 最初にやっておきたい初期設定

内藤です

WordPressをインストールした後にやっておきたい初期設定の説明です。

インストールの方法はこちらから
⇒ WordPressのインストール方法

まずは、管理画面にログインします。

ログイン画面は
http://独自ドメイン/wp-login.php もしくは
http://独自ドメイン/wp-admin になります。

最初はデフォルトのテーマ(テンプレート)で、サンプルの記事が入っています。

管理画面

『ダッシュボード』は、管理画面のホームになり、右上にある『表示オプション』から不要なものを非表示にできます。

※表示オプションは、各ページにあり、それぞれ表示される項目内容が違います。 各ページで見やすくなるようにチェックしておきましょう。

最初にやっておきたい初期設定

管理画面の左にあるメニューから『設定』を開きます。

一般

一般設定は、タイトルなど基本の設定を行います。

  • サイト名:サイト(ブログ)のタイトルです。『誰に、何を伝えて、どうなるか』がわかるものにしましょう。
    検索にも重要になります。全角30文字以内に収めて、検索されるキーワードを入れるようにします。後から変更も可能です。
  • キャッチフレーズ:サイトの説明文になります。サイト名で書き切れない補足をしましょう。日本語として自然な文章になるように、キーワードを含めて書きましょう。
  • WordPressアドレス、サイトアドレス:通常は変更しません。

表示設定

  • フロントページの表示
    WordPressは、カテゴリを決めて更新していく『投稿』(いわゆるブログ記事)と、更新性のない『固定ページ』の2種類の記事があります。
    トップページで表示させるのを、『投稿』か『固定ページ』にするか選ぶことができます。

    ※固定ページにする場合は、トップページ(フロントページ)にする固定ページと、最新の投稿一覧用の固定ページを用意します。
  • 1ページに表示する最大投稿数
    フロントページを投稿にした場合や、カテゴリ、アーカイブ(過去記事)表示にした場合の1ページあたりの記事数になります
  • RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数、各投稿の表示
    記事を更新した際に流れる更新情報の件数と表示方法です
  • 検索エンジンでの表示
    チェックが入っていると検索サイトで検索にヒットしません。
    記事がある程度増えてからチェックを外したほうがいいでしょう。

ディスカッション

主にコメントの設定になります

投稿のデフォルト設定の「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」にチェックが入っていると、ブログ内で他の記事へリンクさせたものも通知されうっとうしいので、チェックを外しておくといいでしょう。

その他、コメントの詳細設定が可能です。 また、記事毎にコメントの拒否など設定ができます。

アバター

アバターとは、コメントで表示される顔のアイコンです。

こちらのサイトでアバター登録しておくと、表示されるようになります

Gravatar – グローバルに認識されるアバター (Globally Recognized Avatars)

メディア

記事に画像を挿入するときに、画像の大きさを選択できます。
そのときのサイズを指定しておくことができます

WordPressでは、記事に挿入した画像が記事幅よりも大きい場合、自動的に記事幅に縮小してくれます。

ただ、あまり大きいサイズだと読み込みにも時間がかかってしまう環境の人もいますから、大サイズを記事幅くらいにしておくといいでしょう。

あとは、記事に『メディア追加』から挿入するときに画像サイズを選ぶことができます。

パーマリンク設定

パーマリンクとは、記事のURLのことです。

デフォルトのままでは、 ?マークがはいるアドレスになり、検索対策にも良くないと言われています。

カスタム構造にチェックを入れ、入力欄に『/%post_id%/』 と入れると、自動的に記事Noがふられていきます。

『/%postname%/』と入れると、好きな名前に変更できます。

ちなみに僕は /%post_id%/ にしています。

※途中でパーマリンクを変えると、記事URLが変わってしまうことになります。リンクされていた場合など、リンクエラーを起こしますので十分注意してください

WordPress○○ が利用可能です ! 更新してください。

このようなバージョンアップのお知らせが画面上部に表示された場合は、更新しましょう

セキュリティに関することもありますので、速やかに更新してください。

バージョンアップの仕方はこちらを参考に。

⇒ WordPressをやるなら覚えておきたいバージョンのアップグレード

まずは、毎日管理画面を開いて、色々見て慣れましょう。