地域のファンを集めて一緒に盛り上がる。ちがびーに学ぶソーシャルネットの使い方

内藤です

行って来ました、茅ヶ崎のちがびー!
おとといは、ちがさきソーシャルBEERガーデン「ちがびー」で飲み散歩。

茅ヶ崎でビアガーデンがオープンするのは30年振りなんだとか。

ネットだけじゃなくリアルでの繋がりを持とうと思ってはじめた飲み散歩ですが、これまで、船橋、柏、東京、名古屋、大阪、富山、福井、金沢とやってきました。

で、今回なぜに茅ヶ崎かというと。。。

大曲の花火繋がりの方がいたからです。通称「けんちゃま」。
参加者じゃなくて、ちがびーの運営をしております^^

けんちゃまは、茅ヶ崎から15年大曲に通っている大の大曲の花火ファン。大曲の花火をネットで調べたことのある人なら1度は目にしたことのある有名ブログをされています。

僕が秋田を離れてから十数年振りに大曲の花火を観に行くキッカケになったブログです。

アツい大曲の花火ファンで、読んでいるうちに、僕がけんちゃまファンになり仲良くなりました。

思えば、けんちゃまとは大曲で何度も会っていますが、大曲以外では会ったことがありません(笑)


(去年の抽選会後、聖地にて)

そのけんちゃまが、茅ヶ崎でビアガーデンするというので、しかも今週6日までということで、今回の会場にしました。

ソーシャルを活用してファンが集まるビアガーデン

で、ちがびーの面白いところは、名称にもあるように、ソーシャルを上手く活用しています。

サイト⇒ ちがびー ちがさきソーシャルビアガーデン

サイトを作って情報を載せておくだけではなく、Facebook、Instagram、Twitter、LINE@、YouTube等で、随時情報を発信しています。

例えばFacebookページ
ちがびー ちがさきソーシャルbeerガーデン

オープン前からカウントダウンの写真を投稿して、茅ヶ崎市民の心をくすぐります。ちなみに僕の奥さんもカウントダウン協力してます^^;

そして、オープン後は、ビアガーデンの様子や、営業案内の投稿(雨の場合に営業するのかなど、気になる情報も随時アップ)

Facebookページだけではなく、各メディアで情報を発信するので、色んな方に届きます。会場の様子がわかると、また行きたくもなります。

行った人がFacebookやTwitterでつぶやけば、さらに広がります。地元でこうやって盛り上がってる場所があれば、茅ヶ崎の人は行きたくなりますよねー

コイン制がいい

ちがびーは、イトーヨーカドーの屋上にありますが、屋台のお店が数店舗出店していて、好きな食べ物や飲み物を購入できます。

で、お店ごとにお金を払うのではなく、事前に1枚500円のちがびーコインを買って利用します。
ビール1コイン、やきとり1コインとか。


(右側に写ってる青いのがコイン)

ですから、自分が飲み食いした分だけ支払えばいいことになります。
誰が払うとか、割り勘でいくらとか面倒な計算もいりません。

メディアを武器に

LINE@では、その日の営業案内だけではなく、こんな使い方もしています。

営業してるんだけど、雨上がりで客足がイマイチ。。
そんな時に「雨あがりちがびー。今から来てくれたらコイン1枚プレゼント!」などと流したりしてます。

そしたら1時間で130人以上来たらしいです(笑)

今回集まってくれた方は神奈川の方が4名、東京から1名、埼玉から1名。

ビアガーデンが初めてという方もいて(僕もですが)、いつもとまた雰囲気が違って楽しめました。

飲みながら、地域のファンを作って一緒に盛り上げる取り組みは勉強になるな〜と思いました。

イス席だけじゃなく、わざと立ち席も作って、地域の方々の交流の場になるような工夫もされていて、いいヒントが沢山です。

ネットでしか接点がなかった方々と実際に会って楽しく話せたり、ネットの発信の勉強にもなるし、これだから飲み散歩は止められません^^

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる