ブログ記事の文字数は600字以上あった方がいい理由

内藤です

「ブログの記事って長くない方がいいんですか?」と聞かれることが多々あります。

「長いと読者が疲れる」「飽きる」という理由での考えだと思いますが、ある程度の長さはあったほうがいいです。

「ある程度」というのは約600字以上。1つの目安ではありますが、600字以上はあったほうがいいと考えています。

長い方がいい?

文章は短い方が、伝えたい情報を端的に伝えられます。
でも、次のような観点から長い文のメリットがわかります。

・Googleの評価
・引き込まれ関心度が高まる

Googleの評価

Googleは、文章量やサイトの滞在時間も見ています。

文章が少なく、滞在時間も短ければ「内容が薄いサイト」と評価されかねません。

Google検索って、紹介業です。
Googleは検索結果で、ユーザーに対して有益な結果を提供(紹介)しようとしていますから、内容の薄いサイトは紹介されにくくなってしまうわけです。

ですから、ある程度の文章があって、滞在してもらった方が有利になります。

引き込まれ関心度が高まる

「長いと読者が疲れる」「飽きる」というのは、つまらなくて有益な情報じゃない場合です。

確かに、つまらなく、長いのは読者にとって苦痛です(笑)

しかし、どんどん引き込まれ、長い方が面白い記事ってないでしょうか?
その時の感情って「面白い!」「役立つ!」「もっと読みたい」「で、次は次は!」と関心が高まります。

短すぎると、関心が高まる前に文章が終わってしまい、読者に「また読みたい」と思ってもらえなくなります。

この様に読者の関心度という点でも、長い方がいいわけです。
ただし、ただ長くてつまらないものはダメです(笑)

文字数の調べ方

文章量がある程度あった方がいいのは分かったけど、どうやって調べたらいいの? と言う場合。

文字数をチェックしてくれるサイトが多数あります。

「文字数カウント」で検索したら、チェックしてくれるサイトがでてきます。

例えば

自動文字数チェッカー【フリー】

【文字数カウント】

字数カウント

使い易いものを使ってみてください

iPhoneでも

iPhoneでも文字数をチェックしてくれるアプリがありました

文字数カウントメモを App Store で

WordPressなら

WordPressの場合は、記事の編集画面の左下に「文字数」が表示されます。

直接書きながらチェックできますので、楽ちんです。

ちなみに僕は、なるべく1000字以上書くように心がけています。

読者を引き込む長い文章、どんどん書いていきましょう。

ただ、大事なのは文字数ではなく、何を伝えるかってことなので、目安としてあまりとらわれないでくださいね

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる