ファンとは一体感を感じ合う関係を作りたい

内藤です

今年は暖冬で、例年にない雪の少なさですね。
今寒波が来ていますが、それでも例年よりも遙かに少ないです。

オープンが年明けになるスキー場もあるでしょうね。
一番お客さんが入る時期なのに。。

僕はフラットバーンをかっ飛ばすのも好きですし、コブを滑るのも好きです。
パークで飛ぶのも、ボックスをこするのも好きです。

今や色んなスキーの遊び方があります。

でも、やっぱり一番気持ちいいのはパウダーです。

腰ほどまでに積もった新雪を滑っている時の、あの浮遊感は最高に気持ちがいいです。

キーンと冷えた朝に、晴れ渡った空のもと滑ると、地球と一体感を感じられます。

大げさに聞こえるかも知れませんが、わかる人もいると思います。

スキーの熟練者なら、スキーが体の一部という感覚はあると思います。

スキーのトップのインエッジの感覚があったり、普通に体を動かす感じで使えたりします。

その延長で、深いパウダーの中に入ると、雪までもが体の一部に感じてしまいます。

つまり、自分が雪でもあり、地球でもあり、宇宙でもあります。

こんな風に書くと、変に思われるかもしれませんが^^;
でも、それほどの一体感を感じられます。

これがたまらなく気持ちいい。

スキーやスノーボードだけじゃなくて、スキューバーダイビングやサーフィンだって同じような感覚ってあると思います。

海の中にいるときや、波に乗っているとき、海と一体感を感じられる瞬間てあると思うんですよね。

人は何かと一体感を感じられる時って、安心感があったり、幸せに感じます。

対自然とだけではなく、対人とでも。

例えば、歌手はライブの前って緊張や不安があると思うんです。

「盛り上がるかな」
「歌が受け入れてもらえるかな」

とか。

その時ってまだ一体感はなく、むしろお客さんに恐怖さえ感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ライブが始まって盛り上がり、心が通じあうと、会場全体が1つになります。

その一体感は、この上ない幸福感があると思います。

ネットでも、ファンの方と一体感が感じられるようなことができれば、すごく面白いだろうし、やってて楽しいだろうな〜って感じます。

ノウハウを提供する、受け取るという一方通行で満足するのではなく、どうやったらファンの方と一体感を感じられるか? 考えて取り組みたいですね