FacebookやInstagramに写真をアップするのに、何枚捨てていますか?

内藤です

Facebookやブログで使う写真。

アップする写真の為に何枚撮りますか?

タレントのGENKINGさんは、Instagramでアップする1枚の為に800枚撮ることもあるそうです。

[blogcard url=”http://jp.techcrunch.com/2016/03/03/istagram-genking/”]

「1枚の為に799枚捨てた」とも言えます。

じゃあ、799枚が無駄かと言えば、そんなことはありません。

アップした1枚は、採用しなかった799枚以上だと感じたから使っています。

つまり、その1枚には799枚を凌ぐ情報や価値があったということです。

適当にパシャパシャ800枚撮ったのではなく

「このアングルから撮ったらどうだろう」
「組み合わせ変えたらどうだろう」

などと考えて撮った800回だと思います。
だから、より1枚に凝縮されます。

プロのカメラマンは、撮る前に構図が出来上がっていて、その頭のなかのイメージと、実際に撮ったものがどれだけ合っているかの作業をするんだと思いますが、僕ら素人は撮ってみないと分からないことだらけです。

今デジカメやスマホなど、撮ってすぐに確認できます。
(簡単に撮れるが故に1枚1枚「考えて撮る」ってことをしなくなりがちですが)

800枚とは言いませんが、僕も1枚アップするために何十枚も捨てることはあります。

僕の場合は、風景など僕の世界観を感じてもらうような写真は特に気を遣います。

写真てそれくらい重要です。

スマホで数枚撮って、それをプロフィール写真に使う方がいますが、やっぱり、そのプロフィール写真て残念なのが多いです。

なんか、「簡単に撮った感」がにじみ出るんですよね。。

素朴な感じを出したいとか、普段のキャラを見せたいとかならいいかもしれませえんが、信頼を得たいと思うならば、やっぱり「それ用」に撮った方がいいです。

Instagramは写真ベースのSNSですから、いい写真であることが重要なのは分かりますが、文章も混ざるFacebookでも写真て重要です。

Facebookはフローメディアで、投稿が流れていきます。

見る側も流し見します。

1つ1つの投稿をじっくりと読むというよりは、スクロールしながら気になる人、目にとまった投稿を探すと思います。 ですよね?

だから、目を引く写真でまずはスクロールを止めてもらわないといけません。

もちろん、写真無しで、キャッチーな文字で目を引くこともあります。
でも写真の方が目に入りやすいですよね?

僕は枚数多く撮れってことを言いたいのではなく、考えて撮りましょうってことです。

シャッター1回押すだけで最高の写真なんて撮れません。

背景や光や角度など、1枚じゃ分からない事が沢山あります。

カメラの高さ(視点)を変えるだけでも見える世界が違ったりします。

「写真がいい!」って思われるには、色々試してみようぜってことです。

こちらの記事もよかったらどうぞ
⇒ 写真は背景にこそ気を遣うべき

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。