毎日30〜50件の返信で見えて来る、なぜ男性的なビジネスのやり方を教わった多くの女性がつまづくのか

■「自然体で自分らしくファンを作る メディア構築1dayセミナー」

昨日の夜に募集開始いたしましたが、4月15日は既に満席となりました。

24日も定員になりましたら受付終了いたしますね。

昨日は久しぶりに都内にでました。

群馬よりも東京は近くなったとは言っても、そうしょっちゅう都内に出ているわけではないです。

鎌倉のお寺やカフェを探索してることの方が多いですね〜

で、渋谷で久しぶりに舛岡美寿子さんにお会いしました。

舛岡さんは、女性目線ビジネスの専門家で、「10日遊び、10日働き、10日遊ぶ」というライフスタイルのテーマを打ち出して発信しています。

舛岡美寿子さんのブログ
「女性目線ビジネス」の専門家 舛岡美寿子のブログ

⇒ 「10日学び、10日働き、10日遊ぶ」って、凄くいいですよね。

女性ならではの視点で発信しているので、とても女性ファンが多いです。

それで、なぜ男性的なビジネスのやり方を教わった多くの女性がつまづいてしまうのか?

舛岡さんの考えを聞きましたが、やっぱりそうだよな〜と、非常に納得することばかりでした。

舛岡さんのブログやメルマガでも沢山書かれていますので、是非読んでみてくださいね

毎回会う度に勉強になることばかりで、そして、あの明るさで元気になります

すごいぜ、美寿子さん。

その舛岡美寿子さんも事例として出てくる「7つの質問
登録が1週間で800人を超えています。

毎回の質問で返って来る返信の多くも、これまでの男性的なビジネス展開の仕方でつまづいている方が多いです。

「疲れてしまった」
「何を発信すればいいかわからない」
「周りと比較してしまって止まってしまう」

など。

もうなんか楽しそうじゃないし、苦しそう(笑)

そうじゃなく楽しく自分らしく仕事する人が増えて欲しい。

4月から展開するセミナーやグループコンサルも、その為にやります。

特に今、登録が多いからだと思いますが、1日30〜50件ほど質問に対する返信が来ています。
全てに対して返答できていませんが、全てに目を通しています。

実際にアウトプットすることで、書くことで気付いたり、自己解決する方も多いです。

沢山の回答を見ていると、多くの人が抱えている問題の傾向が見えてきます。

僕はスキーのレッスンをしていたころに、「最初に滑りをみさせてください」と言って、フラットバーンを2,3本まず滑ってもらっていました。

すると、その人のクセや問題点が見えてきます。

コブ斜面で滑れない原因が、フラットバーンの滑りにも出てきたりするんですよ。
面白いくらいに。

そうやって最初に滑りを見る事で、

「今日のレッスンの流れはこうした方がいいな」
「あの問題には、この練習をしてもらおう」
「ここ直したら、コブもすぐ上手くなるな」

というように、頭の中で何をすべきかが組み立てられます。

なぜ頭の中ですべきことが分かるかというと、何回も何回もお客さんの滑りを見てきたからです。

この最初の滑りを見ているような感覚で、今、毎日返ってくる返信を見ています。

僕自身も凄く脳を鍛えられます。
そして、ちょこっとアドバイスを入れて返答したりしています。

今、組織ではなく個人で起業しする人が多いですよね。
そして、その個人同士で組んだり、協力しあうこともあります。

つまり、縦の繋がりよりも、横の繋がりが重要になってきています。

そういった点からも、今女性が活躍しやすい時代なのです。

だから、男女関係無く、どんどん自分のファンを作って活躍して行こうよって思うのですが、苦しむためにして欲しくないです。

そんな想いを僕は持って、セミナーやグループコンサルをやっていきます。

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる