Facebookで濃い関係性の繋がりを増やすための友達申請の仕方

内藤勲です

Facebookの友達申請やアメブロの読者登録でこんなことありませんか?

『申請が来て相手を見に行ったけど、ビジネス目的ばかりで濃い繋がりにならない…』

繋がったけどブログ記事もFacebookの投稿も読んでもらえてない。ただ「数」として繋がってるという状態です。

濃さ(質)ではなく、ただ数を増やすと薄い繋がりになります。

友達5000人いるのに、いいねやコメントがあまり付かないとか。
もしくは、挨拶のいいねやコメントばかりで(笑)、全然仕事に繋がらないとか。

こんな状態になります。

「繋がりを増やすのは大事」ですが、薄い繋がりを増やしても意味がありません。

自分にとって、濃い繋がりにしていくためには

・友達申請が来ても、自分の投稿を見ていないような人は承認しない
・いいねやコメントをくれた人に友達申請を出す
・見込み客だからといって闇雲に申請を出さない

という点に気をつけたいです。

数は一気に増えませんが、濃い繋がりになっていきます

アメブロでも、同様で友達申請を読者登録に置き換えて考えるといいです

数の多さに惑わされない

友達5000人、いいね1000件、コメント500でも、「全然仕事に繋がらないんです…」と相談してくる方もいます。

そのいいねやコメントは大体「おはようございます。今日も一日…」というような投稿内容に関係のない機械的な反応です(笑)

確かに、友達5000人とか、いいね1000件とか、コメント500件とかという数字は凄く見えます。
でも、その数字に惑わされると、うすーい関係性の繋がりになってしまいます。

逆に、友達1000人以下でも、いいね200件とか、コメント20件とかついて、仕事に繋がっている人もいます。
数字だけ比べたら見劣りするかもしれませんが、濃い関係性の繋がりです。

見た目の数は多いけどうすーい関係
見た目の数字は少ないけど濃い関係

どちらがいいでしょうか?

僕も友達申請来たら安易に承認していたこともあるので、一度見直そうかな^^

・友達申請が来ても、自分の投稿を見ていないような人は承認しない
・いいねやコメントをくれた人に友達申請を出す
・見込み客だからといって闇雲に申請を出さない

ジワジワですが、濃い繋がりになっていきますよ〜

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる