自分を出すことでファンが増える。 自分を出すとは?

内藤勲です

「内藤はどうやってファンを作ってるんだろう」

こんな視点で僕のブログを読んだり、セミナーに参加する方もいます。

いつもいってる事なのですが、ファンを作るために大事なことは、「自分を出す」こと

自分を出すとは、自撮りするってことではなく、自分がどんな人か、どんな考えを持ってるのか、どんなキャラなのか、どんなバックグラウンドを持ってるのかを伝えるってことです。

自己開示をするということでもあります。
⇒ 自己開示することで得られるファン作りに共通すること

役立つだけではファンになってもらえない

僕は以前アメブロをやっていた時に、アメブロのカスタマイズネタを記事にしていました。
例えば、「記事タイトルの文字の大きさの変え方」とか、「ヘッダーの設置の仕方」とか。

知りたがる人は多かったので、読んでくれる人もお多かったです。

でも、その頃「内藤さんのファンです」とは、言われたことがなかったんです。マジで。

プロフィールページには、顔写真は載せていました。
でも、文章も固く、自分のことは全然書くことはなかったんです。

そして、同じようにアメブロのカスタマイズネタを書くブログが増えてくると、僕のブログをスルーしていく人も増えてきました^^;

この時、「内藤が書いた記事を読みたい」と思ってもらわないとマズいなと感じたのです。

そこから、僕は記事に「自分を出す」ようにしていったのです。

例えば、

・文書の書き方を、話してるようにしてみたり
・日常ネタを少し挟んだり
・例え話で自分の経験を書いたり
・必ず名乗るようにしたり
・単なる説明ではなく、自分の考え、意見を入れたり

なるべく、僕という書いている人を感じてもらうように意識したのです。

そうしたら、段々と「内藤の説明が分かりやすい」とか、「ファンです」というような声がでてきたのです。

僕は目立ちたがりでもないし、キャラは凄く薄い方だし、あまりとがってもいません^^;

これとは逆な方が、すぐにファンになってもらいやすいです。
でも、これも僕のキャラなのです。

本当の自分と違うことをしてファンを作っても、疲れて続きません。

自分の出すことで、ジワジワとファンは増えていきます。

自分のメディアを整えて発信していれば、ファンは誰にでもできます。

自分を出してみてくださいねー

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる