同じ写真でも、こうも違う!世界観の出し方

内藤です

今日Facebookで、この写真を何度も見かけた方がいるのではないでしょうか?

今日はチームコンサルのグループ講座でしたが、その中でのワークをしました

・それぞれ自分のスマホに入っている写真を1枚選んで提供
・自分以外の写真1枚を選んで、その写真から自分のテーマに結びつけて文章を書く

というもの。

僕がいつもセミナーでデモンストレーションしてるやつです^^

自分の写真ではないので、はじめて見た写真からどう自分のテーマに繋ぐか、とても頭を使います。

これをやっていると、日常の出来事から自分のテーマに繋げて書くということができるようになります。
何でも記事ネタにできるようになります。

売り込み臭さをなくして販売に繋げることも可能です。

で、今日のワークでは芋掘りの写真を使う人が多かったのです。

他にも同じ写真が使われたものがありますが、同じ写真でも書く内容、切り口がバラバラ。
その人の世界観がでていて、それぞれが良い投稿になっています^^

公開で投稿した方の分だけですが、見てみて下さい

どうでしょうか

同じ写真でも、その人のフィルターを通すと違ったものがアウトプットされていますよね

しかも、その「人」が感じられます

どの文章も「説明」ではないですよね。
このワークは、一人の人を想定してもらい、その人に向けて語りかけるようにしてもらいました。

書くというよりも、伝えることを意識して。

文章力が格段に上がりますので、自分だったらどう書くかな? と試してみてはいかがですか? ^^

今日も笑ったグループ講座でした^^