アメブロとワードプレスの役割

内藤です

インターネットには、さまざまなメディアがあります。
その中でもブログは、書いた記事がどんどんたまっていきます。

このたまっていくのがいいんです!

どんどんたまっていくと何がいいのか?

  • 古い記事でも読まれる
  • ページが増えていくことになるので、検索されやすくもなる

フェイスブックやツイッターも手軽で便利なのですが、記事がどんどんと流れてしまうので、以前書いたものを見つけて読んでもらうという事が難しいです。
交流という意味ではとても良いのですが、じっくり読んでもらうという点では、ブログに劣ります。

ブログは育てれば育てるほど、ずっと使える財産になります。

ブログにも沢山ありますが、ここでは、

  • アメブロ
  • ワードプレス(WordPress)

に絞って書いています。

アメブロ

アメブロはとにかく成長させるのがカンタンです。
検索もされやすく、コミュニケーションが取りやすいです。
関心のあるお客様を見つけるのに、最適なブログです。

しかし、最近では商用利用が厳しくなっています。
場合によっては、アカウントの削除もあります。

ワードプレス

アメブロ同様ブログなのですが、成長には時間がかかります。
ワードプレスだけでは、アクセスを集めるのにも苦労します。

ワードプレスには、『投稿』があります。

投稿と固定ページ

投稿は、カテゴリを選択し、記事を更新できるもの。
通常のブログ記事と同じですね。

固定ページは、ホームページに良く見られる『会社概要』など、更新性のない固定的なページを作ることができます。

この固定ページを使うと、ホームページのように使う事も出来るという事です。

ワードプレスは、自分のサーバーにインストールして使います。
アメブロでは難しい、お申込みフォームや、販売に関するページが用意できますね。

ホームページを既にお持ちの場合や、簡易的なお申込みフォームがあれば、無理にワードプレスを導入する必要はないです。

ワードプレスがホームページ代わりになると考えてみてください。

役割とすると

  • アメブロでお客様を集め
  • ワードプレスで、お問合せ、お申込みをしていただく

アメブロ ⇒ ワードプレス という流れを作ります。

アメブロ、ワードプレス両方で日々更新できた方が良いですが、

  • ワードプレスに必要なページを用意
  • 日々の更新はアメブロで行う

というやり方でも良いでしょう。

とにかく、アメブロはアクセスが集めやすいので、アメブロが起点になるようにしたいのです。

その他フェイスブック、ツイッターを使われている方が多いですが、いずれも、アメブロやワードプレスの入り口だと考えてください。

逆にアメブロやワードプレスから、フェイスブック、ツイッターにアクセスが流れるのはもったいない事です。

アメブロとワードプレスを軸として、他のメディアも持っている場合は、その入り口になる

このように捉えてみてくださいね。