ファンは芸能人や有名人じゃなくてもできる。あなたを必要としてくれる人に届けよう

内藤です

以前セミナーに参加してくださったお客様が言っていたこと

「ファンて、なんか抵抗があります。私にファンなんて…」

ファンて、別に芸能人や有名人じゃなくてもできます。

ブログやFacebook、あるいはYouTubeでファンになっている人はいませんか?

ファンを作るというのは別に、「派手に目立つ」とか、「凄い人になる」ってことではありません。

自分のことを必要としてくれる方、「あなたいい!」と、気に入ってくれる人を増やすことです。

だから自然体で自分らしくでいいのです。
(※身勝手、自分本位とは違います)

万人をファンにする必要はない

自分が悩んできたことって、誰かの役に立ちます。
万人の役には立てませんが。

だから、万人をファンにすることはできません。

アンチファンができることだってありますから。
⇒ ネットでファンを作ると、アンチファンもできる。でもこれを知っていれば大丈夫!

みんなに向けようと思おうと「私なんて…」「俺なんて…」となります。

でも自分が克服してきた悩みの解決方法を、教えられる相手なら違います。

「私でもよければ教えられる」
「俺なら教えられる」

と、できる方にフォーカスできます。

だから、誰に向けるかを決めるって大事です。
逆に向けない相手を決めるのもいいですね。

お客様はモノだけ見て買ってるんじゃない

商品やモノには、それだけでは価値がないです。

その背景にあるものも含めて価値を感じます。

例えば、
「○○さんが出す商品」
「○○産」
「この場所でしか売ってない」
「こだわりのある空間」
「限定10コ」

とか、同じ商品があったときに、値段で比べられないためには、背景を見せることが大切です。

モノだけ売ろうとするんじゃなくて、自分から買ってもらう理由を見せてあげないといけません。

「ファンになってもらえる」とは、「自分から」という理由になります。

ファンだから買う
信頼してるから買う

でも、

自分だから買ってくれるから、モノは適当でいい

というわけではありません。

当たり前ですが(笑)

これを間違うと、単に自分が売れてると勘違いします。

だから、商品磨きは手を抜いてはいけません。

ファンになるキッカケは

自分のことを気に入ってくれるキッカケは些細なことだったりします。

ブログやFacebookの発信でファンになってくれることも多々あります。

例えば、
・文章に人柄が出ている
・惜しみなく情報を提供している
・メールやコメントの対応に誠意が伝わる
・自分をさらけ出してる
・面白い(笑)

など

別にファンになってもらおうと思って書かなくていいのです。

誰に向けるかを決め、その人を喜ばすつもりで発信していれば、それを見た人がファンなってくれます。

ファンの人数が多ければ良いってことでもありませんから。

あなたのことを必要としてくれる方に届けましょう。