影響力のある人の特徴は、操作に詳しいとか、テクニックが凄いとかじゃない

内藤勲です

ブログやSNSで影響力の大きい人気の人っていますよね。

フォローワーが何万人もいたり、いいねが凄いついたり、セミナーやイベントもすぐ満席になってしまうような方。

そういう影響力や発信力のある人の特徴は、ブログやSNSの使い方の技術面で優れているとか、テクニックを駆使してるとかではなかったりします。

僕がこれまで実際にお会いした方のなかで、凄い影響力を持ってるけれど、操作とかテクニックとかあまり得意じゃない方(失礼^^;)

例えば
・心屋仁之助さん

http://ameblo.jp/kokoro-ya/

・鈴木真奈美さん

http://ameblo.jp/always-smile0720/

・田宮陽子さん

http://ameblo.jp/tsumakiyoko/

・有馬陽子さん

http://ameblo.jp/holistetique/

・玉来なおこさん

http://ameblo.jp/naturalumo/

・北條毅さん

http://ameblo.jp/flow-spirit-consulting/

ファンが沢山いる方ばかり。

文章はもちろん自身で書かれていると思いますが、パソコンの操作とか、技術面は苦手だったり、カスタマイズも自分じゃできなかったりです。

つまり、影響力があるかどうかには、操作的なことやテクニックが長けている必要はないってこどです。(もちろん、操作やテクニックに長けていて影響力のある人も沢山います。)

影響力に必要なものは、熱量

影響力のある人をみると、「どういう仕組でやってるのか」を見がちですが、大事なのはそこじゃないってことです。

例で出した方々の、facebookでもブログでも発信を読むとわかりますが、どれも熱量があるんですよね。

ちゃんと想いを込めて書いてるってことです。
皆さん自分の書いた文章をとても大事にされている。

だから共感して、心動かされる人が多いです。

アメブロのカスタマイズから学んだこと

僕は以前、ずっとアメブロのカスタマイズのネタを書いたり、サービスを提供していました。

アメブロのカスタマイズを請け負ったりも。

そして、時々お客様にこんな相談を受けました

「業者さんにお願いしてデザインもカスタマイズもしてもらったけど、問合せに繋がりません」

見れば確かに綺麗なブログになっています。

でも、きれいだけれど、何をしているブログかわからなかったり、アルファベットが多くてボタンがわかりにくかったり、文字が小さくて読みにくかったりしました。

それで、カスタマイズはあくまで補助的なものであり、カスタマイズしたからといって直接問合せなどにつながるわけではないってことに気がついたのです。

考えたら当たり前のことかもしれませんが、見栄えを良くしたがったり、表面的なテクニックを追いたくなる人は多いです。

デザインやカスタマイズも大事なのですが、それ以上に発信の内容、あるいは発信する人に影響力の根源があります。

「書く」より「伝える」つもりで

「ちゃんと書かなきゃっ」て、肩に力が入りすぎて、全然書けなくなる人もいます。

教科書を作るわけではないんですから、万人受けする必要はないです。

例で出した方々の文章って、どの方も「その人らしさ」が出てると思います。

自分の伝えたいことを、自分の言葉で、伝えたい相手に届ける

そうしたら、想いって乗っかります。

教科書よりも、手紙の方がジーンと来ますからね。

何が大事かを間違わないようにしたいですね。

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる