WordPressの投稿と固定ページの使い分け

内藤です

WordPressには2種類の記事があります。

1つは、「投稿」
もう1つが、「固定ページ」

テーマ(テンプレート)によっては、さらに「お知らせ」とか、「LP」とか、さらに別の記事の種類もあったりします。

でも、通常は「投稿」「固定ページ」の2つ。
これは、最初からWordPressあるものです。

この2つを使い分けると、WordPressはさらに使いやすくなります。

「投稿」の記事作成画面。カテゴリー欄がある

「投稿」は、カテゴリーを決めて、そのカテゴリー毎に振り分けて書ける記事です。
他のブログサービスのブログ記事と同じですね
更新性のあるカテゴリーの記事を書く場合に使います。

「固定ページ」の記事作成画面。
カテゴリー欄がない

「固定ページ」は、カテゴリー分けはなく、その記事で完結するような、更新性のない記事を書く場合に使います。
例えば、「会社概要」とか、「アクセス」とか。
ホームページのページにあるようなものとイメージしたらわかりやすいかもしれません。

「投稿」と「固定ページ」の正しい使い分けはなく、自由なのですが、こんな風に分けると使いやすくなります。

僕の場合は、プロフィールや、ネットでファンのコンセプト、商品やセミナーの募集ページなどのLP(ランディングページ)は「固定ページ」で作っています。
そして、日々更新する記事はカテゴリー分けして「投稿」を使っています

「投稿」は、ブログ記事の一覧に追加されていきます。
「固定ページ」の場合、初期状態だと、ヘッダー部分にあるグローバルメニューに追加されていきます。

メニューの設定はこちらを参考に

内藤です。 ワードプレスでは、ヘッダーの下にメニューバー(グローバルナビゲーション)を付ける事ができます。 ※wordpressのバ...

固定ページが増えてくると、メニューがごちゃごちゃしたり、表には出したくないものも出てきます。
外観 → メニュー から整理してみてくださいね

投稿と固定ページの使い分けのまとめ

投稿と固定ページをうまく使い分けることで、 「ブログのあるホームページ」とか、「自分で更新できるホームページ」と捉えることもできます。

今はホームページを作っても、作りっぱなしでは誰にも見られません。
更新することで検索にも強くなっていきますし、SNSにもリンクを貼ることができます。

そして、何より、新しい情報を出すことで、読者やお客様に喜んでもらえます。

ブログは、使うと愛着が湧くし、資産になってくれますよ^^

幸せのキッカケを、ネットから。
ありがとうございました