iMacをマウス操作からトラックパッド変えたら、劇的に使いやすくなった

内藤です

ボクは出先ではMacBookProを使っていますが、普段家ではiMacを使っています。

先日急にマウスの動きが悪くなりました。
軌跡の動きが、びっくりするほど遅い。

マウスのポインタを移動させるのに、デスクを何回こするんだってくらい遅いんです。

システム環境から

マウスをチェックしてみると、

「軌跡の速さ」が最も「遅い」になっています。

これを右端の「早い」にしても、「遅い」に戻ってしまうのです。

Macのマウスの動きは元々windowsに比べて遅いと言われていて、マウスの動きを早くするフリーソフトなども出ていました。
試しにそのフリーソフトを入れるも、やっぱり動きは鈍いまま。

困ったな…と思っていたら、iMac購入時に一緒にトラックパッドも揃えていたことを思い出しました。

それまで試しに使ったことはありましたが、どうもしっくり来なくてマウスに戻していました。

でも、マウスがこんな状態だから仕方ありません。

「タップでクリック」にしたら快適になった

一度トラックパッドで試していた時に、慣れなかったのが「クリック」です。
トラックパッドのデフォルトでは、強く沈むように押さないとクリックになりません。
マウスと違って、何度もクリックしてると手首が疲れるんです。
それでマウスに戻した経緯があります。

今回は、もうトラックパッドを使うしかなかったので、環境改善できないかな〜とシステム環境のトラックパッドをよく見ると、「タップでクリック」があるではありませんか。

タップでクリックとは、トラックパッドを強くおさなくても、軽くタップでクリックになるということです。

チェックを入れて試しましたが、これだと全然疲れません
たったこれだけで、操作が楽になりました。

更に、トラックパッドはマウスよりも使える操作が多く便利なのです。

「ポインタとクリック」の操作設定

「スクロールとズーム」の操作設定

「その他のジェスチャ」の操作設定

マウス操作に比べて、手元でできることが多いんです。

ちなみにマウスだと
「ポインタとクリック」の操作設定

「その他のジェスチャ」の操作設定

だけとなっています。

トラックパッドの操作を全部使うかは別として、出来ることが多く、作業も早くなった印象があります。

それに、マウスでデスクをこすらなくてもいいので、何気にそれが一番気に入ってます(笑)

トラックパッド試してみてくださいね

Magic Trackpad 2は、Multi-Touchと感圧タッチのパワーを最大限に活用できる、充電式の独立型ワイヤレストラックパッドです。