「自分を出す」ってどうやったらいいんでしょうか?

今週の火曜日はグループ講座でした。
今月で終わってしまうのですがグループ講座では、自分の人柄を感じてもらえる発信をするように伝えています。(6月からは新しい塾もします)

「自分を出すってどうやったらいいんでしょうか? 」
セミナーなどでも、よく聞かれることです。

「あなたから欲しい」と言ってもらうためには、モノを出すだけではなく、自分という人を出すことが大事。
「人」を出すとか、「自分」を出すって、自撮りのどアップを投稿しろということではなく、人柄やキャラが伝わるようにということです。もちろん、写真もいいです。
自分の出し方がわからないとか、出したくないって方もいますが、「人」が見えないことには信頼してもらえません。

喜ばれる情報を発信するのはもちろん大切なのですが、ただ役立つだけではファンはできないです。

辞書は役立つけれど、愛読書にする人はいない。

「人」が見えてこそ、ファンになってもらえます。

自分のフィルターを通して発信する

発信の切り口や、書き方、伝えることでも、その「人」って感じられます。
自分のフィルターを通して発信するということです。

僕らはニュースを読むわけではありません。
感情込めたり、経験話を混ぜたり、話すように書いたり、自分という「人」を感じてもらう方法って沢山あります。

先日のグループ講座で、「散った桜」あるいは「葉桜」をテーマにして、自分を出してfacebookで発信してみてくださいってお題をだしました。

こんな風に、発信の仕方って、人それぞれ違います。
でも、違ってていいんです。

それぞれにメッセージ性や世界観がこもっています。
人と違うから「あなたから欲しい」っていう人が出てきます。

思いっきり人間性出しましょう

しあわせのキッカケをネットから。
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
しあわせのキッカケをネットから。 ひとりひとりがネットでファンを作ろう! をテーマに、ビジネスに役立つマーケティングやネットのことなど発信しています。

セミナー情報

セミナー情報

自然体で自分らしく、もっとファンを増やすメディア構築セミナー

5/17 札幌 満席
5/24 東京 残6席
5/29 鎌倉 満席
6/5 東京 残7席
6/7 旭川

セミナー後30分のスカイプ個別相談付き!

詳細はこちらから

ebookプレゼント
図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebookをプレゼントいたします!

詳細はこちら

シェアする

フォローする

7つの質問

ネットでファンを作る7つの質問

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

詳細はこちら