自然が詰まった中標津の山本牧場「養老牛放牧牛乳」を飲んで欲しい!

何度かエントリーしていますが、6月6日〜6月11日の間北海道を回っていました

目的は、旭川でのセミナー開催と、鶴居村での「森の子どもたちのマザーツリーになるプロジェクト」に参加するため。

プロジェクトの翌日は帰りの便まで釧路市内を回ろうと思っていましたが、急遽予定を変更しました。

鶴居村から中標津まで行くことに。
目的地は中標津の「山本牧場」

山本牧場は、「養老牛放牧牛乳」を生産しています。
牛舎もない牧場で、乳牛を放牧しています。
ストレスなく育った牛の牛乳は、本当に美味しい!

この山本牧場に行くことにしたのは、牧場オーナーの山本さんも「森の子どもたちのマザーツリーになるプロジェクト」に参加されていたから。

山本さんもプロジェクトの様子をFacebookで書かれています。

山本さんのこの笑顔最高!

山本さんの人柄や、牛を自然なままに育てたいという想いに惹かれ、牧場に行きたくなりました。
鶴居村からも1時間ほどで行けるとのことだったので(飛ばしてですが^^;)、急遽行くことにしたのです。

■山本牧場

牧場内にはcafeもあり、そこで販売しているソフトクリームが激ウマ。

オリーブオイルをかけて

ソフトクリームを食べた後、山本さんが牧場内を案内してくれました。

牛舎もなく、冬も雪が降り積もる中に牛は放牧されています。

山本さんは、東京新宿の生まれ。
この中標津に来たのは19年前だそうです。

山本さんのように、放牧する酪農家さんはないらしく、当初周りの酪農家からも「止めたほうがいい」と言われたそうです。

しかし、牛にストレスのかかる状態で育てたり、出荷量を増やすために成長を不自然にコントロールすることに疑問をいだき、自然のままに放牧して育てる方法をとります。

放牧されている牛は、どれも自由気ままな感じで、苛立っていません。
穏やかな表情をしていて、僕らが近づいても平気です。
山本さんとの信頼関係が出来ているのですね。

やっぱりそこには、山本さんの牛に対する愛情があるからこそです。
単なる商品ではないのです。

養老牛放牧牛乳のあまりの美味しさに著名人も訪れるのだとか。
元サッカー日本代表の中田ヒデも来たことがあるそうです。

「やっぱり視野が広くて、足元見なくても、全然牛のフン踏まなかった」と、エピソードを語っていました(笑)

今度は有名な養老牛温泉に泊まりつつ、また来たいなと思いました。

山本牧場の「養老牛放牧牛乳」は北海道だけではなく、都内や通販でも買うことができます。

取扱店や購入方法はFacebookページや、ホームページを参照してみてくださいね
マジおすすめですから。

https://www.facebook.com/yfwildmilk/

http://www.wildmilk.jp/

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる