お客様を主人公にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
集合

内藤です。

こんな事例があります。


僕は以前スキー学校のインストラクターをしていました^^;

全国に同じ系列のスキー学校が数箇所あります。
そのうちの1つが、兵庫県の小さなスキー場の学校でした。
(兵庫にもスキー場あるんですよ~ ^^)

僕がそこにいたのが2001年頃。もう10年も前なんですね^^;
そこは、雪が豊富とは言えず、常に積雪の状態を気にしなければいけないゲレンデ状況。

さらに、平日はガラガラ。 
従業員の方が多いのでは? と思えるほど。


そんな状況ですから、スキー学校の売上げも芳しくありませんでした。

ところが、あるインストラクターが始めた事で状況は一変したのです。


何をしたかというと、

レッスン時の生徒さんとの集合写真を、毎日ブログにアップしたのです。
毎日毎日です。

写真に写る生徒さんは、笑顔で楽しそうな表情をしています。


ブログを見た方はどう思ったでしょうか?


「楽しそう」
「参加者の表情がいいから、レッスンの内容もいいんだろうな」
「安心して受けられそうだな」
「自分もできるかも」


毎日毎日アップしたことで、レッスンの雰囲気や良さが伝わっていったのです。


各グループの写真を全てブログに載せていましたので、色んな方が映っていました。


そのことで、「私にできるかな…」という不安が和らいだのです。


そしてシーズンの終盤には、なんと一番の入校者数になるスキー学校になっていました。


平日も満員。

スキー場自体は、相変わらず空いていたので、お客様の半分以上がスキー学校の生徒さんという状況になったのです。


ゲレンデ環境から言えば、同系列のなかでも悪い部類に入る学校でしたが、入校者、売上げはトップクラスになったのです。


前年に比べてまさに大躍進でした。

雰囲気を伝え、お客様を主役にし続けたことで、ブログを見ていた方の、欲しい気持ちを高めることが出来たのです。

雰囲気を伝えるのは大切ですね。


仕掛けた彼は、今は独立して自分でスキー学校をしています

はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。