個人でも海外から問い合わせが来る、SNSやブログの活用例

昨日から奥さんの実家ファミリーの旅行で、新潟県のスキー場にあるホテルに宿泊しています。

バブルの頃は、冬だけで年間の売上がでていたので、夏も営業しているところってありませんでした。
それが今では、夏場も営業しているところが多いです。
それだけ、スキースノーボード人口が減っているということですね。

夏場はキャンプ場にしたり、フラワーパークにしたり。
今宿泊してるところは、雪を残しておいて、夏でもソリができるようにもしています。
他にも、パターゴルフ、テニス、釣り堀、動物ふれあい、プール、ゴーカートなど、テーマパークみたい。

スキー場の夏場の使われ方も大きく変わったな〜と眺めています。
大きなところほど、なかなか大変そう。。

SNSやブログの発信で、個人が活躍できる時代

新潟に入る前日、長野県の白馬村によりました。
以前僕がいたスキースクールの元会長の角皆(つのかい)さんに会うため。
60歳過ぎていますが、現役でコブやジャンプのレッスンもされています。

スクールの話を聞いたら、角皆さんのSNSやブログを見て、海外からのプライベートレッスンがバンバン入ってるんだそうです。
しかも、タイの王族とか、韓国の要人だとか^^;

角皆さんは、海外からのお客様との写真を載せたり、趣味の水泳のこと、クラッシク音楽のこと、飼い猫のことなどプライベートも発信しています。
また、英語が堪能なので、英語で文章書いたりすることもあります。
だから、海外のお客様とのレッスン風景を見た海外の方は興味を持ちます。

レッスンもたった2人のインストラクターでやっていますが、僕が所属していたころよりもスクールの売上が良いそうです。
ネットを活用して個人が活躍できる本当に凄い時代だなって思います。

角皆 優人さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、角皆 優人さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

イギリスBBCからの取材依頼

海外からも反応があると言えば、塾メンバーで料理家の竹内絢香さんは、なんとイギリスのBBCから取材が入りました!

塾に入って発信が変わってからと、こんなご報告いただきました。

参加して本当に良かったです^^
発信が変わり、私の場合は企業さんや雑誌の編集者から連絡を頂き、料理家として新しい仕事に繋がりました。

・雑誌エル・グルメのフードクリエイター部として所属しているのですが、そちらから、直接、絢香先生このお仕事どうですか?とお声掛けいただくことが多くなってきました

・イギリスのBBCの取材
イギリスBBCのレポーターが日本に来日し、最新のキッチングッズを紹介する番組に出演する予定です(世界中に配信予定)
日本のお菓子、パンを紹介し、現地レポーターさんと和菓子つくりをご一緒する企画です

・ホームパーティー協会の講師
ホームパーティーに関するテーブルコーディネイトの検定認定レッスンを担当させて頂くことになりました
ホームパーティー関連記事のライター、講師、ケータリング(芸能人など、こだわりの強い方が主に対象)をさせていただいてます

・ベルアメールの新作発表会にご招待いただきました
(厳選されたカカオから作られた本格的ショコラを最高級の状態でお届けする日本のチョコレートブランド)

塾に参加するまでは、いちパン講師だったのが、料理家としてこんな事もチャレンジしてみませんか?ってFacebookメッセージから連絡がありました

竹内 絢香さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、竹内 絢香さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
1生地で3種のパンを作りながら料理も作るパン教室:竹内絢香さんのブログ「1生地で3種のパンを作りながらお料理も作るパン教室養成講座」です。最新記事は「Pita Bread & Falafel Sandwich ・ #ピタパン と #ひよこ豆...」です。

SNSは人と人とが繋がりやすいですよね。
企業は、SNSで発信するにも、誰が発信するとか、何を発信するとか、議論が始まりなかなか動き出せません。
商品や会社を出しても、人とは繋がりにくいです。

だから、すぐにどんどん発信できる個人は、SNS時代の今とても強いと思うのです。
そして、SNSがこれだけ広まっていますから、人柄が見えたほうがいい。
「自分を出す」ってとても大事なことです。

自分を出した発信でファンを増やしませんか?