大曲の花火2017の軌跡と奇跡

内藤です。

8月26日は、僕の生まれ育った秋田で「大曲の花火」が開催されました!

全国ニュースにもなりましたが、前日の大雨の影響で開催が危ぶまれましたが、奇跡的に開催されました。

その開催までの軌跡と奇跡を記したいと思います。

大曲の花火2017の軌跡と奇跡

8月24日(木)開催2日前

花火当日の天気予報は、「晴れ」なものの、24日から25日にかけて大雨の予報。。

1ヶ月前の7月にも大曲を中心に大雨が降ったばかり。
雄物川が氾濫し、花火の会場も土手際までスレスレ。

その時の様子がこちら。

この水害をうけて、大会当日プログラムには予定されていない「激励花火」の打ち上げも決まりました。

24日の深夜から25日の明け方がピークの予報。
目が覚める度に、スマホで雄物川の水位を随時チェックしていました。

雄物川の水位が分かるサイトはこちら

http://www2.thr.mlit.go.jp/akita/kawa/frame2.html

8月25日(金)開催前日

僕らは朝7時に、都内にある奥さんの実家から秋田に向けて出発。

この時点で、雄物川の水位は桟敷のある河川敷まで浸水。
明け方までは大丈夫だったのに。。。

地元の友人からも、写真とともに「かなりマズイ」というメッセージが。。

Twitterでも現場の状況が次々とアップされていきます

開催の可否も当日朝6時に発表との情報も。

幸いしたのは、雨は前日25日の朝まで。
その後は雨もやみ、晴れ予報が続いていました。

雨が止んで、晴れれば、雄物川の水位も下がります。
浸かってしまった桟敷席、打上場も、なんとかなるんじゃないか?

そんな期待も膨らみます。

水位が下がると現場も開催に向けて、必死に復旧作業を行います

夜通しの復旧作業が続き、開催にこぎつけます。

僕はと言うと、東京を朝7時に出て、秋田空港についたのが15時。
今回一緒に花火を見るメンバーを迎えに行くため。

空港は、花火客が大勢いました。
開催が決まっていなくても、みんな現地入りするしかないですよね〜。

もし開催が延期になったら、秋田観光でもしてもらいましよう^^;

8月26日 大曲の花火大会当日

朝6時に開催が決定しました。
開催の知らせる雷(らい)が打ち上がりました。

僕の実家は、会場から10キロほどですが、この雷が聞こえます。
ただ今回は20名近いメンバーを引き連れて、宿を取っていたので雷が聞こえませんでした。残念!

Twitterを見ると、雷を聞いた人の開催を喜ぶツイートが

地元、小松煙火工業の社長の言葉もしびれる

https://www.youtube.com/watch?v=MVwkh9gTt48

地元の友人は、作業現場スタッフと繋がりもあり、逐一情報をくれました。

「トイレ流されてる…」
「たぶん延期だな…」
「かなり微妙…」
と。

ですから、発表まではハラハラドキドキでした。

前日の状況があまりに過酷でしたので、開催は本当に奇跡でした。

今では大曲だけになってしまった花火の元とも言える昼花火

例年、オープニングで、うるうるするのですが、今年はもう涙が止まりませんでした

こちらがオープニング

今回はあまり写真も取らずに、1つ1つ目に焼き付けようとじっくり見ました。

大曲が発祥で、定番となっている花火後のエール交換。
観客席から対岸の花火師さんにペンライトを振って感謝を伝えます。

今年は声が枯れるほど、「ありがとう!」と叫びました。

8月27日(日)開催翌日

大曲を離れる前に打ち上げ場側から

朝早くから片付けをする関係者の方々が。
本当に何から何まで頭が下がります。

ここ数年は、花火前日が大雨だったり、当日が良くても開催前にハラハラすることが多かったです。
特に今年は極めつけでした。
だからこそ、感動も大きかったのですが、来年はもう少し安心して現地入りしたいです^^;

来年2018年は、8月25日(土)の開催です。
大曲は、宿、足、席の3つの確保が必要です。

そのうち、宿の確保がもっとも大変。
中には数年先まで取れないところも。
いまのうちから当たっておきましょうー

2017大曲の花火大会成績

内閣総理大臣賞
茨城県 野村花火工業 株式会社

創造花火の部
優勝
長野県 有限会社 伊那火工堀内煙火店
玉 名 「水辺に集う蛍 〜光を燈し・舞う〜」

準優勝
茨城県 野村花火工業 株式会社
玉 名 「光の鼓動 〜むすんでひらいて〜」

10号芯入割物の部
優勝
茨城県 野村花火工業 株式会社
玉 名 「昇曲付五重芯変化菊」

準優勝
秋田県 株式会社 小松煙火工業
玉 名 「昇銀竜五重芯変化菊」

10号自由玉の部
優勝
茨城県 野村花火工業 株式会社
玉 名 「キラキラ万華鏡」

準優勝
群馬県 有限会社 菊屋小幡花火店
玉 名 「輪廻の讃花」

昼花火の部
優勝
秋田県 株式会社 小松煙火工業
玉 名 「直線と螺旋」

準優勝
新潟県 阿部煙火工業 株式会社
玉 名 「昇曲導五色煙竜に群蜂の戯れ」

佐藤 勲 賞
長野県 有限会社 伊那火工堀内煙火店

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています