原因は思いもよらないことにあるもの。

起こっている問題の原因は違うところ

起こっている出来事の原因が思いもよらないことだった。

こんなことってありませんか?

例えば、ブログのカスタマイズのサポートをしていてもあります。

・ブログのサイドバーが崩れてしまった。
 ↓
・でも、その原因がサイドバー自体にあるわけではなく、記事本文のHTMLのミスだった。

これよくあることなんです。
サイドバーに原因があると思い込んで、サイドバーをずっといじっても解決しません。

また、僕は以前、コブ斜面のスキースクールのインストラクターでした。

「大きいコブに弾かれてしまう」という問題が起こった時に、多くの人は、「膝の吸収動作が足りないからだ」と思い、吸収動作を練習したがります。
でも、それは的外れで、やるべき練習は減速動作です。

コブというのは、たくさんの人がターンをした結果できあがるもの。
ターンとは、言い換えるとスピードコントロール(減速動作)です。

ですから、減速動作を徹底的に見直した方が、コブの中でもスピードコントロールが出来て、大きなコブでも弾かれなくなるのです。

他にもあります。
肌があれている時に、肌自体に原因が有るわけではなく、食べ物を変えたら治ったとか。

問題の場所に必ずしも原因があるとは限らないんですよね〜。
そんなことってありませんか?

これダイエットや、体の歪みにも言えるらしいんです。

僕は、昔からO脚です。
真っ直ぐ立った時に、膝と膝がくっつきません。
握りこぶし以上開いてました。

僕はO脚の原因は骨格だと思ってたんです。

ところがどっこい、実はお尻にありました。
お尻の筋肉を鍛えることで、O脚が改善されました

お尻がたるむ(筋肉がない) → 膝が開く → O脚

ということだったんですね。

だから、お尻の筋肉を鍛えると足がまっすぐになっていきます。

一緒に写ってるのは、パーソナルトレーナーの中村奈緒子さん。
僕の塾にも来て下さっていて、セミナーの合間にお尻のトレーニング教えてもらいました(笑)

お尻の筋肉を鍛えたら、体の歪みがよくなるだけではなく、ダイエットにも効果があるようです。

その方法をまとめられた中村奈緒子さんの本が今日から発売になります。

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

考えてみれば、お尻は、足の根元でも有るし、上半身を支えている土台でもあります。

お尻たるませてる場合じゃないですね
僕も全身たるんで来てるので、お尻鍛えてスリムになります^^;


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています