メルマガとLINE@はどちらがいいのか? どっちを使うか以前に大切なこと

内藤勲です

一昨日は都内で、「ネットでファン実践塾」の3期の最終講でした。

2ヶ月半の実践塾で伝えてきたことは

・理想の世界を掲げること
・どんな人に向けるのかを明確にすること
・ブログ、SNSを使って認知を広げる
・相手も、自分も喜べる発信をする
・自分の個を出す

などです。

僕は、ひとりひとりが自分らしく自然体のままで発信し、自分のファンを作って欲しいと思っています。

今はメディアを組み合わせて使うことが重要で、理想の組み合わせは

「SNS + ブログ + メルマガ(orLINE@)」

そして、ネットでの繋がりを作る手軽さは

SNS > ブログ > メルマガ(LINE@)

です。

SNSは、既に多くの人が集まっていますから、見てもらう機会も多いです。
ブログは、わざわざ自分のブログに来てもらえないと見てもらえません。
さらに、メルマガやLINE@は、わざわざ登録してもらわないと届けることができません。

なので、繋がりの手軽さ

SNS > ブログ > メルマガ(LINE@)

となります。

でも、繋がりの濃さで言うと逆で

メルマガ(LINE@) > ブログ > SNS

となります。

「わざわざ」が、逆に関心の度合いを深めることになるのです。

関係性が濃いと、反応も高い

昨日、奥さんがメルマガで、ある化粧品のサンプルを紹介しました。
奥さんが普段から使っていてオススメの化粧品です。

こちら
◆美容情報(ラメラ美容法)

メルマガだけで紹介したのですが、夜の11時過ぎに送信して、朝には15件のサンプル注文が入ったそうです。
昼ころには30件以上の申込みが。

奥さんのメルマガ読者は、奥さんに対しての信頼度や関心度も高いです。
ですから、紹介した時も反応が高くなります。
ちなみに奥さんのメルマガ読者は400人程度。

人数が少なくても、関係性の濃い人が集まるメディアを持っておくといいですね。

もちろん、読者の関心のないことを紹介しても反応はでません。
メルマガの読者がどういう人なのか? わかった上で紹介するものを選ばないと反応はでませんね。

メルマガとLINE@はどちらがいいのか?

今、LINE@もありますよね。

LINE@は、LINEとはまた別アカウントで作るもので、友達になってくれた人に一斉にメッセージを送れるものです。
つまり、LINE版メルマガと言ってもいいかも

関連サイト:LINE@で販促・ファンを獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

で、LINE@が出てから、メルマガはもう古い的なことがよく言われます。

でも、実践塾でも聞いたのですが、LINE@取ってても、読まなくなる人やブロックする人もいます。 そうじゃないですか?

一方、メルマガも今だに読むメールもあれば、開くことさえしないものもあります。

要は、メルマガがいいか、LINE@がいいか以前に、日頃どれだけ読みたくなる発信をしているか、が大事ってことです。

毎回面白かったり、役立つ発信なら、その人に対しての信頼の残高が増えていきます。
毎回売り込みがあったり、面白くなければ、どんどん信頼の残高は減り、読まれなくなります。

 LINE@で発信したメッセージは、スマホのLINEに届きます。
ですからLINE@の方が確かに開封率や、反応率は高いのですが、信頼残高が低ければ、読まれなくなります。

逆に信頼の残高が高ければ、メルマガだろうが、文章が長かろうが多くの人に読まれるのです。

向ける対象によって、向き不向きはありますが、それを使ったから必ずしもいいってことではないですね。
日頃から信頼の残高が上がる発信を心がけたいですね

LINE@をうまく活用している事例はこちら

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています