iPhone8Plusのポートレートモード比較

内藤です

もうすぐiPhoneXが出るのですが、iPhone8Plusに機種変しました。

これまで使っていたiPhone6sの画面が痛々しくなってしまったので、、

今回、iPhone8ではなく、8Plusにした理由の1番は、カメラの「ポートレート」モードが使えるため。
ポートレートモードは、背景をぼかすことができます。

iPhone7Plusから、Plusはカメラが2個ついています。
それがポートレートモードを可能にしています。
さらに、8Plusからは、ポートレートモードで使える撮影効果(エフェクト)もあります

iPhone8Plusのポートレートモード比較

早速試してみました。

通常の写真モード

まずは、通常の写真モードで撮ってみました。
あえて、撮ったまんま加工なしにしています。

ポートレートモード

ポートレートモードに切り替えます。

被写体の距離が近すぎると「離れてください」という表示がでます。

ポートレートモードには、様々なエフェクトが用意されています

・自然光
・スタジオ照明
・輪郭強調照明
・ステージ照明
・ステージ照明(モノ)

画面の右側にあるアイコンで切り替えることができます。

それぞれで撮ってみました。

ポートレートモード 自然光

まずは、自然光

実際の「自然光」で撮ったポートレート写真がこちら

ポートレートモード スタジオ照明

次はスタジオ照明

実際の「スタジオ照明」で撮ったポートレート写真

ポートレートモード 輪郭強調照明

実際の「輪郭強調照明」で撮ったポートレート写真

ポートレートモード ステージ照明

ステージにスポットライトを当てたような撮影が可能になります

実際の「ステージ照明」で撮ったポートレート写真

ポートレートモード ステージ照明(モノ)

先程の、ステージ照明をモノクロにした感じ

実際の「ステージ照明(モノ)」で撮ったポートレート写真

ポートレートモードでプロ感を出そう

前景がシャープになり、背景がぼやけると、味のある写真になります。
そして、背景がぼやけることにより、被写体が引き立ち、見ている人に印象づけられます。

ステージ照明は、被写体だけが浮き上がったような写真になってかなり面白いですね

Plusの方は是非ポートレートモード試してみてくださいね

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

<無料メールセミナー>

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!