wordpressのバックアップをする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


バックアップのプラグイン『WP-DBManager』の紹介です。
ロリポップで使う場合の例です

1.WP-DBManagerのインストール

まず、管理画面左のメニューから

【プラグイン】 ⇒ 【新規追加】 で WP-DBManager を検索します




すると、WP-DBManagerが見つかりますので、「いますぐインストール」、「有効化」とクリックしていきます






プラグインは有効化されましたが、赤文字で注意が表示されています





2..htaccessファイルの移動


注意書きは、「.htaccess」というファイルを

wp-content/plugins/wp-dbmanager  

から 

/home/users/0/************/web/simplecafe/wp-content/backup-db
(URLは環境によって異なります)

に移動させてね^^ ということです。


FFFTPなどのファイル転送ソフトで移動させます。
ロリポップにある、『ロリポップ!FTP』でも大丈夫です。
ロリポップ!FTPについては、こちらを参照

FTPソフトに表示されるサーバー側のディレクトリ(フォルダ)で、

wp-content ⇒ plugins ⇒ wp-dbmanager  とクリックして進んでいきます  

*****/wp-content/plugins/wp-dbmanager 内にある 「htaccess.txt」をデスクトップなどにダウンロードします。
※ここでは、.htaccessではなく、htaccess.txtです。



次に wp-content にもどります

wp-content内の何もないところで、右クリックをして、「フォルダ作成」をクリックします


「backup-db」という名前のフォルダを作ります


先ほどデスクトップ等にダウンロードした、「htaccess.txt」を、作ったbackup-db内にアップロードします。


アップロードしたhtaccess.txtを選択し、右クリックから名前変更をします


htaccess.txt ⇒ 「.htaccess」 に変更します。
※最初の 「.」を忘れないようにしてください



これで管理画面に戻ると、赤い注意書きがなくなっています。

そして、管理画面左には「Database」が出来ています



これで一応は使えますが、日本語化していきます

3.日本語化する


こちらの「MMRT daily life」さんのサイトから日本語化ファイルをダウンロードします。
⇒ http://wp.mmrt-jp.net/plugin-japanization-project/dbmanager/

「WP-DBManager[v2.20] 日本語版」をクリックしてダウンロードします。



zip圧縮ファイルになっていますので、デスクトップなどで展開(解凍)します



展開したら、ファイル類を、サーバーの「wp-dbmanager」内にアップロードします



これで日本語になりました



あとは、「DBオプション」から、自動バックアップスケジュールや、メール配信もできますので、設定しておきましょう。

これで万が一データベースが壊れてしまった場合でも、データを復元できるようになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人サロンSNS集客講座

Facebookとブログで、自分にあったいいお客様を引き寄せませんか?
そして、身につけた技術を多くの方に提供して喜んでもらいませんか?

個人サロンの方のためのSNSを使った動画の集客講座です

詳細をみる

【ネットでファンを作る7つの質問】

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

7つの質問に答えてファンを作る

SNSでもご購読できます。