ヘッダーをスライドにできるプラグインやテーマ集

サイトのヘッダーがスライドだと、訪問者に色んなイメージを与えることができます。

トップページでキャンペーンなどのバナーにしたら告知効果も高まります。

ワードプレスのプラグインでも記事内に入れられるスライド画像のプラグインは多いのですが、ヘッダー部分をスライドにできるプラグインはあまり多くありません。
今回は、ヘッダーをスライドにできるプラグインや、あらかじめ備わっているテーマを紹介します。

Meteor Slides

ヘッダーだけではなく、記事内にスライド画像を入れることも可能です。スライドの枚数やリンク、スライドの仕方なども設定が可能です。

日本語化の仕方や設定方法はこちらで
スライド画像のプラグイン Meteor Slides

⇒ WordPress ›Meteor Slidesプラグインページ

※外観 ⇒ プラグイン 新規追加から「Meteor Slides」を検索してもインストールできます

SP Responsive header image slider

レスポンシブデザインに対応したスライドヘッダープラグインです。

設定も簡単で、スマホなどユーザ−環境が変わってもスライド画像を表示させることができます。
ヘッダーだけではなく、記事内にも入れることができます

SP Responsive header image sliderプラグインページ

※外観 ⇒ プラグイン 新規追加から「SP Responsive header image slider」を検索してもインストールできます

SP Header image slider

上記SP Responsive header image sliderのレスポンシブデザイン非対応版になります。
レスポンシブデザインではないという場合はこちら

SP Header image sliderプラグインページ

※外観 ⇒ プラグイン 新規追加から「SP header image slider」を検索してもインストールできます

Meta Slider

レスポンシブデザイン対応のプラグイン。

公式サイトがそのプラグインを使ったヘッダーになっています

Meta Slider – The Responsive Slideshow for WordPress

シンプルで設定も簡単です。

Meta Sliderプラグインページ

※外観 ⇒ プラグイン 新規追加から「Meta Slider」を検索してもインストールできます

Smart Slider 2

レスポンシブデザイン対応で、シンプルなのに高機能なプラグインです。画像をスライドさせられるだけでなく、レイヤー操作もでき1つのスライド画像でアニメーションのような動きを表現することも可能です。

⇒Smart Slider 2プラグインページ
※外観 ⇒ プラグイン 新規追加から「Meta Slider」を検索してもインストールできます

【無料】BizVektor [ ビズベクトル ] 企業サイト向けスマホ対応レスポンシブWordPressテーマ(テンプレート)

無料高機能テンプレートでおなじみのBizVektor。
数種類ある無料テーマそれぞれで、ヘッダーにスライドショーの設置が可能です

スライドの元となる画像もパソコン内から簡単にアップロードできて、リンクも設定できます。

テーマがレスポンシブデザインなので、もちろんレスポンシブ対応。
かなりおすすめのテーマです。

ワードプレステーマTCD

おしゃれで高機能のテーマを提供しているワードプレステーマTCD。
有料ですが、テーマの多くでスライドショーを設定できます

ヘッダーにスライドショーを入れたいと思っている方は試してみてくださいね