メディアの連携は同時投稿させることではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FacebookやTwitter、アメブロは、既に人が集まっている場所です。それらのメディアを持つってことは、人気のショッピングモールに出店するようなものです。ホームページやワードプレスは、人通りがまだないところに自社店舗を構えるようなもの。

Facebookやアメブロなどは、が既に大勢いますから、お店にも入ってもらいやすいのです。また、それだけではなく、姉妹店同士で告知し合えば、さらにお店に来てもらいやすくなりますよね。

メディアを連携させるって簡単にいうと、こういうことです。それぞれのメディアの告知をして、来てもらいやすくする。単独でやってると弱いです。

で、それぞれの投稿を読んでもらうためには、Facebookで言えば友達やフォローしてもらうこと、アメブロなら読者登録、Twitterならフォローしてもらうことが必要になります。

で、Facebook上ではFaebookのフォロー、友達は増やせますが、アメブロ読者、Twitterのフォロワーを増やすことができません。 リンクを張って、一度そのメディアに移動してから登録してもらう形になります。Twitterも同様ですね。

でも、アメブロ(アメブロに限らずブログ)ならば、アメブロ上でFacebookのフォロワー、Twitterのフォロワー(Google+も)を増やすことも可能です。わざわざ移動しなくて良いので便利ですよね。
そして、結構増えます^^

ブログは、Facebookの投稿やTwitterよりも長目の文章を書くことが多いです。Twitterの場合は140字という制限がありますがら、ブログよりも短くて当然です。

人が行動を起こすのって、何か感情が動いた後です。で、ブログの記事でしっかりと読んだあとって最も感情が動き、行動も起こしやすいです。 写真ももちろん感情が動きますが、文章の方が強いです。

ですから、ブログで読んでもらった後に、フォローボタンやいいねボタンがあると、押してもらいやすいのです。 アメブロに限らずブログ全般で言えます。

ワードプレスはプラグインも充実していて、このあたりもやりやすいのですが、アメブロの場合はカスタマイズが必要です。(僕のこれまでのサービスご利用者限定勉強会では、この設置の仕方も説明しますね。)

ただ単に読まれない同時投稿することが連携ではありません。相互に効果がある働きをしあうのが連携です。本当の連携が出来ているか、見てみましょう。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。