メディアの組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です。

今ネットのメディアって沢山ありますが、組み合わせ方って重要です。

これを間違うと時間がかかって苦労します。

メディアには、フロー型とストック型という特徴があります。

フロー型は、投稿が流れていくもの。
ストック型は、投稿がたまっていくもの。

フロー型の代表的なものは、ツイッターやFacebookです。いろんな投稿がどんどん流れます。
過去の投稿は見れないことはないですが、探すのが大変です。

ストック型は、ブログとかホームページなどです。
投稿が蓄積されていて、古い記事でも見つけやすいです。

トップページにリンクをはっておけば、古くても1クリックで見つけてもらえます。(アメブロはフローの要素もあります)

読者や見込み客に見て欲しい重要な記事への導線も作れます。


もう少し特徴を話すとフロー型のメディアは、人が集まりやすいです。人が集まっているところに、投稿が流れていると言った方がいいかもしれません。

一方、ストック型のものは、まずサイトに来てもらわないといけません。いくら記事を書いても、そもそも来てもらわなければ読まれないわけです。

わかりやすく簡単にいうと

フロー型は、投稿がどんどん流れてしまうけれど、人が大勢集まっている ⇒ 入り口になる

ストック型は、人は集まりにくいけれど、重要な記事も読んでもらえる ⇒ アクセスを集める(送る)先になる 

つまり、組み合わせとして

フロー型 + ストック型

とすると、それぞれのデメリットをメリットで補い合えるのです。

これを

フロー型 + フロー型

とか、

ストック型 + ストック型

で組み合わせても苦労するだけです。

フロー型2つに、ストック型1つなどでもいいでしょう。
入り口が多い方が人を集めやすいので。

例えば
Facebook、ツイッター + ホームページ 

とか

Facebook、Google+ + ブログ

とか。

数は別に何個でもいいのですが、フローとストックを組み合わせるのが重要です。

フロー + ストックになっているかチェックしてみてくださいね。

ちなみに僕はフロー5 + ストック2 + メルマガ にしています。

実際にどんな風にしてやっているのか、10月の仙台でもシェアしますね

Facebookとアメブロを使ったアクセスアップ勉強会 仙台
10月10日(金) 10:00 〜 12:30

僕が実際に実践していることや、効果のあったことなど質問を頂きながらシェアする勉強会です。
※東京でシークレットで行う勉強会ですが、仙台では一般募集もいたします。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。