90歳のおじいちゃんの滑りに美しさを感じるのは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

あるスキー動画を見ました。

滑っているのは90歳近いおじいちゃん。パウダーを優雅に滑っていました。

それを見て純粋に「うまい」って思いました。いや、技術的なことで言ったら現役の選手の方がうまいです。そういうことではなく、力んでおらず無駄な動きが全くないうまさです。滑りに必要な動作だけしているって感じです。

もしかしたら「美しい」という表現が適切なのかもしれません。雪山との一体感さえ感じます。

おじいちゃんはおそらく若い頃は有名な選手だったのでしょう。きっと色んなテクニックも身につけたと思います。極めたところから、いろいろそぎ落としてそぎ落として、シンプルなまでの滑りをしているから美しさが感じられます。


これってアーティストにも通じることではないでしょうか。

例えば、榊莫山先生。
書道家で「一」を書くCMがありました。横に一本、「一」と書くだけです。その一枚が数百万で売れてたとかって。

僕のような書の凡人にはその価値が分かりませんが、詳しい人なら、たった一本横に書く「一」にたどり着くまでにそぎ落としてきたものが感じられるでしょう。だからシンプルな一本の線に過ぎませんが、そこには「美しさ」があり価値があります。

きっと「一」という文字の中に必要なもの全てが凝縮されているんだと思います。

simpleって、基本を突き詰めたものです。僕らは日常、ものごとを難しく複雑に考えがちですが、シンプルな基本の中にこそ真実が見えたりします。

「シンプルに考えろ」とか、「原点に戻れ」とかって、要は自分自身シンプルになれってことです。

simpleって、調べると「無知」とか「騙されやすい」っていう意味もありますが、一般的には「単純な」とか、「簡素な」とかで使われます。 他にも「基本的な」とか、「気取らない」「誠実」なんていう意味もでてきます。

「基本的な」「気取らない(自然体)」「誠実」って、ビジネスでも求められることではないでしょうか。

難しく考えたり、複雑なテクニックを駆使したり飾り立てたりするのではなく、原則に立ち返り自然体で誠実にお客さんに向き合う。

僕はそうありたいです。

発信することも「シンプルであれ」ですね。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。