どうすればFacebookに集客できるか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

検索でどんなキーワードが多く使われているか、検索キーワードを調べらるサイトやツールがありますが、

「どうすればFacebookに集客できるか」

という検索キーワードがありました。


「で」じゃなくて、「に」というのが引っかかりますが、「メディアの組み合わせ 」という記事も書いたとおり、Facebookは入り口として使いやすいメディアですから、「どうすればFacebookに集客できるか」ではなく、「どうすればFacebookで集客できるか」というほうが効果的な使い方を説明できる問いです。

矢印はFacebookに向かうのではなく、Facebookから向いた方が力を発揮します。


ただ上記のキーワードが自分のFacebookをどうやったら沢山の人に見てもえるかという意味合いで「集客」という言葉を使っているならば、問いどおり多くの人に見てもらえた方がいいです。

入り口は大勢人がいるところにあった方がいいので。


より多くの人に見てもらうには

・友達を増やす
・フォロワーを増やす
・いいねやシェアを沢山される
・タグ付けされる
・(Facebookページなら「いいね」)


などがあげられます。

友達

友達は、本来実際にあったことのある「友達」ですから、あまり闇雲に友達になるよりはフォローしてくれる人を増やした方がいいです。友達は5000人までという上限もありますし。

タグ付け

みんなで写った写真をタグ付けしあって、それぞれのタイムラインに表示させれば、より多くの人の目にふれます。ただそれを「手法」として毎回やっていると違和感を感じて引かれます(笑)

タイムラインに同じ写真が投稿されて、荒れているようにも見えてしまいます。

良い投稿をして、いいねをもらったりシェアをもらってフォロワーを増やすというのが基本

いいねが沢山ついたり、シェアをもらえたり、フォロワーが増えるような投稿をするのが基本です。

友達申請しまくるとか、タグ付けしあいまくるというのはテクニックであって、発信力がない薄いメディアになってしまいます。

ブログの記事と同様に役立つ発信、喜んでもえる発信が大前提です。

またブログにFacebookのフォローボタンを設置させて置くのも効果的です。ブログが面白ければブログ上からフォローしてもらう事ができます。



見てもらったあとが大事


フォロワーや投稿を見てくれる人を増やすのが目的ではありません。「いいね」がついて喜んでる場合ではありません。

あくまでFacebookは入り口で、矢印の元ですから、その後の見て欲しい場所へ矢印を向けるってことが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人サロンSNS集客講座

Facebookとブログで、自分にあったいいお客様を引き寄せませんか?
そして、身につけた技術を多くの方に提供して喜んでもらいませんか?

個人サロンの方のためのSNSを使った動画の集客講座です

詳細をみる

【ネットでファンを作る7つの質問】

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

7つの質問に答えてファンを作る

SNSでもご購読できます。