WordPressのインストール・管理画面操作マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前にもお配りしたことがあったのですが、「WordPressのインストール・管理画面操作マニュアル」をダウンロードできるようにしました。

⇒ WordPressのインストール・管理画面操作マニュアル
パソコンのわかりやすいところに保存しておいてくださいね。

1.ドメインとサーバーについて
2.WordPressのインストールの仕方
3.初期設定の仕方
4.記事の書き方
5.外観について

など説明しています。


「WordPressやってみたいけど、そもそも何から始めたらいいのか分からない。」
「WordPressで何ができるのかよく分からない。」

というご相談をよくいただきますのでご用意いたしました。自分でやってみたいという方は参考にしてみてくださいね。

WordPress.comで試してみる

ドメインやサーバーを契約する前にWordPressがどんなものなのか試してみたいという方は、まず「WordPress.com」を試してみるというのも1つの手です。

⇒ WordPress.com



WordPress.comとは、自分でドメインやサーバーを借りずとも無料でWordPressが使えるというものです。

「え、じゃわざわざ自分でドメインやサーバーを有料で借りなくてもいいじゃ?」という疑問がでてきますが、WordPress.comにはこんな点があります。

  • アドレスが 「naitoisao.wordpress.com」のように必ずwordpress.comがつきます。オリジナルの独自ドメインにすることも可能ですが、その場合は有料になります。
  • 広告がつく
  • 使用できるプラグインが限られる
  • カスタマイズも制限がある
  • 利用できるテーマ(テンプレート)にも限りがある

と、このようにデメリットになるようなことがあげられます。

有料版もあって、これらの制限を外すこともできますが、自分でドメイン、サーバー借りた方が安くなる場合があります。

ですので、管理画面がどんなものなのかとか、記事の書き方とか、画像の挿入の仕方などを覚えるのにはいいでしょう。本格的にWordPressをするなら自分でドメイン、サーバーを借りることをおすすめします。

でもWordPress.comのアカウントはとっておこう

WordPress.comでアカウントを作っておくと、自分でドメインやサーバーを借りるってなった場合でも実は役立ちます。

それは、WordPress.comが提供しているアクセス解析などが入っている便利なプラグイン「JetPack」が利用できるようになるからです。僕もWordPress.comでブログは作っていませんが、アクセス解析やJetPackを使うためにアカウントは持っています。

※WordPress.comのアカウントと、サーバーにインストールするWordPressで設定するユーザー名、パスワードは全く別物です。



アカウントを作って、「JetPack」を入れておくと

・管理画面内でチェックできるアクセス解析
・テーマのスタイルシート(CSS)が変更可能。(子テーマを用意しなくても、CSSのカスタマイズができますね)
・各SNSへの連携

などが可能ですし、スマートフォンのアプリからもWordPressへの投稿が楽にできるようになります。

ですので、既にWordPressをやっていて、ドメインもサーバーも持っていてる場合でも、「WordPress.com」のアカウントは作っておきましょう。


インストール・管理画面操作マニュアルが役立つと幸いです。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。