自分のメディアを持つということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

僕はこれから(これまでもでしたが)、「自分のメディア」を持つということが非常に重要だと考えています。

「自分のメディア」とは、ただ単に情報を発信するメディアのことではなく、人が集まり、かつ仕事に生かして収入につなげられるメディアということです。

仕事は与えられなくなる


自分で自分を雇わなければいけない時代がやってきます。2020年東京オリンピック開催が決まり経済も上向きになると期待されていますが、良くなるのはごく一部だけです。

実際生活に余裕ができたという人は少なく、むしろ負担が増えた印象さえあるのではないでしょうか。

二極化はさらに進んでいくでしょう。人がいなくても物が作られるようになっていますし、日本人がやりたがらない仕事を外国人労働者がやってたりします。仕事が与えられるという機会は確実に減っています。

ですから、自分で収入につなげられるメディアを持ち、そこに人が集まる状態を作っておかなければいけないということを言いたいのです。

複数で自分のメディアを作る


「自分のメディア」を考える時に、単体のメディアでというのは難しくなっています。

今ならFacebook、WordPress、メルマガの組み合わせがいいでしょう。アメブロもまだまだ使えますから、アメブロを付け加えるのもいいでしょう。

単体のメディアで完結するというのではなく、複数のメディアを組み合わせて、それ全体が「自分のメディア」と捉えることが大切です。

それぞれのメディアは特徴もメリットデメリットも異なります。つまり役割も位置づけも違ってくるのです。

また、今はそれらのメディアがいいですが、時代の流れに応じて変化します。使えなくなるメディアがあるかもしれません。ずっと使えるかもしれません。

しかし、複数やっていることで仮に1つが終わりを迎えたとしてもメディアを全て失うことはありません。

発信する手段を複数持っていれば新しいメディアに誘導することもできます。

今はたまたまFacebook、WordPress、メルマガ、(アメブロ)がいいだけです。

ですから、このサイトではそれらメディアを活用して自身の「自分のメディア」作りに役立てられるような発信をしていきますが、時代とともに当然変化することもあります。

自分のメディアで世の中に影響を与える


自分のメディアを持つことで、自分の商品やサービスを世に打ち出すことができます。提案や提唱をすることもできます。

共感してくれる人が出てきて広まればそれは影響を与えていることになります。

ただ物を売りたいだけじゃないはずです。
ただサービスを提供したいだけじゃないはずです。

何かしら広めたいものや、伝えたいものがあるはず。


自分の信じることで誰かの役に立てて世の中に良い影響を与えられる

それってすごく良くないですか?  

そして今ならネットでそれができます。

「自分のメディア」を持って、一緒に世の中に影響を与えていきましょう!

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。