仕組み作りで、まずやるのは準備です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


内藤です。

ネットの集客で苦労されている人のブログ等みると、

・自分の売りたいものを売ろうとしている
・タイトルがイマイチ
・重要な記事への導線がない。もしくは、分かりにくい


ということが多いです。

売りたいものよりも、必要とされるもの


必要としている人がいるかどうかも調べずに、自分が売りたいものを売るというのは苦労します。迷惑行為になることだってあります。だって要らないって言ってるのに売り込まれたら嫌です。

「要らない」って言ってる物に対して、「いや、いいものだから」と訴え続けて、潜在的な欲求を顕在化させて満たすならば、売れるものになる可能性はあります。でも、とても時間がかかります。まず「要らない」を「欲しい」に変えなければいけませんから。

ビジネスは一方通行ではありません。それに「交換」で成り立ちます。 

自分が売りたいものでも、もちろん良いのですが、その前に必要とする人がいるということが、大前提です。

もしかしたら、今の商品を変えた方がいい場合もあります。もう一度リサーチし直した方がいい場合だってあります。

自分が売りたいだけでは売れないので、煽ったり売り込みを強くして売ろうとしてしまう危険もあります。

タイトルをみてわかるもの


ブログのタイトルを見ただけで、何のブログか分からないと読まずに立ち去ってしまう確率が上がります。

検索でも、更新情報でも、ブログのタイトルや記事タイトルが表示されます。その時にわかりやすいタイトルならばクリックもしてもらいやすくなります。

自分が検索して出てきたブログのタイトルをみて、実際に見てみようと思うものと思わないものを比較するとわかりますね。

また、抽象的なタイトル、理念をうたったタイトルの人気ブログもありますが、これまた時間がかかります。ブログタイトルがハッキリ分かりやすいものじゃなくても、1記事1記事のタイトルが具体的ならば検索からもやってきます。でもページ数が多くなければ安定的なアクセスにはなりません。

1記事1記事しっかりと質のいい投稿をして、更新もマメにして、長い目で見るなら、そういったタイトルでもいいでしょう。

重要な記事へはどこからでも行けるように


絶対に見て欲しい重要な記事ってあります。例えば、商品のメニューやお店ならばアクセス、プロフィールや理念、メルマガの登録ページなどなど複数あってもいいです。

せっかく重要な記事があっても、それがどこにあるか分からないと読まれません。

「探せばある」では見られません。

重要な記事は、読んで欲しい記事ですから、至る所にその記事へのリンクを配置しなければいけません。

サイドバーや記事下などには必ず配置しておきたいものです。

この重要な記事を用意して、どこからでもいけるようにするって、「準備」段階のことです。準備が整っていないのに、人を集めても繋がりません。

まず最初にやっておくべき事です。

準備が整っているか今一度見返してみましょう。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。