成功事例に学ぶことが何故大事なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

成功事例から学ぶとか、失敗事例から学ぶとか、誰もやっていないことをやるとか、集客に関して色々言われています。

僕はメディア構築や集客に関してアドバイスする時に、成功事例をリサーチするようにいいます。

「成功事例と違うことをしないと差別化にならない」と考えてしまう方もいますが、それは違います。

成功はお客さんの支持を得ている証拠


成功事例の成功(一時的なものではなく)って、なぜ成功してるかと言ったらお客さんの支持を得られているからです。

つまり、お客さんに選ばれているのです。
お客さんが欲しいと言っているのです。

だから売り込まなくても売れています。

それを、成功事例と違うことをすると言うことは、お客さんが欲しいと言ってることと違うことをするということです。

ですよね?

だから、単純に成功事例と違うことをすると考えるのは、お客さんのニーズから外れてしまうことになります。

結果、意地でも買ってもらおうと売り込みくさくなってしまいます。

成功事例にはお客さんのニーズが満載


そうならないためにもまず、成功事例をよく見てみます。

その事例が打ち出している事にお客さんは反応して買ってるわけですから、どんなことを打ち出していて、どんなニーズを満たしているのか、読み取るといいです。

自分のひらめきやアイデアは大したことありません。
ひらめきやアイデアでヒット商品が生まれるのは、確率が低すぎます。

だって、これまで考えて考えてヒットしたものってありますでしょうか?

それよりは、既にお客さんのニーズを捉えている事例、経験則から学ぶべきです。

学ぶは真似ること


「学ぶ」は、「真似る」から来ていると言われます。

まず、お客さんの支持を得ている人、商品、サービスを真似るところから入るのがいいのです。

その上で、例えば、場所、エリア、営業時間、提供方法など成功事例でまだない、空いているものを見つける。
それがスモールビジネスでもできる差別化です。

最初から違うものをやろうとするのは、「違うことをしよう」としているだけで、お客さんが望んでいることに応えることではありません。

日本にあるビジネスの成功事例も基本的に競争の激しい欧米の成功事例が元です。


成功事例がないものはチャンス?!


「自分の分野では成功事例がないんですけど!」

という場合は、まだ、誰もやっていないチャンスかもしれません。

でも、やってる人は沢山いるけど、これといって大きな成功事例がない場合は、お客さんが欲しがっていないって可能性が大です。

人がやっていないことベースで探すと、お客さんのニーズを無視してしまう恐れがあります。人がやっていないことが見つかっても失敗する典型的なパターンです。

どこまでいってもお客さんありきです。

最後に


成功事例にはヒントが沢山あります。

まず1つでいいので、成功事例を見つけて、徹底的に調べてみてください

お客さんの求めていること、自分に足りないものがきっと見えてきます。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。