反応を高めるには、まず受け取り手を増やすことが不可欠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


Facebook、ブログ投稿してるのに全然反応がないな〜

などと感じていませんか?

それ、そもそも受け取り手がいない(少ない)可能性があります。


Facebookやブログの発信て、受け取り手がいないことには、発信していないのと同じです。受け取る相手が多い方が、当然発信を見てもらえます。反応も起こりやすくなります。


ですから、Facebookやブログをビジネス活用するなら、発信を受け取る母数を多くすることが必要不可欠です。

Facebookなら友達やフォロワー、Facebookページならファン(ページのいいね)、ブログなら読者数ですよね。

Facebookの友達の増やし方や、アメブロの読者の増やし方などはネットでも出回っています。闇雲に増やすのは良くありませんが、でも「増やす」という行為はやらないと、なかなかメディアが成長しません。


例えば、Facebookなら公開範囲を全体にするとか、友達申請を受け入れるとか、Facebookページなら広告かけるとか、アメブロなら自分からも読者登録するとか。

フォローボタンちゃんと表示させるとか、『友達大歓迎』など書くとか


一気にガツガツやれってことではありません。


友達も、フォロワーも、ページのいいねも、読者も、自分のメディアへの『入り口』になります。 つまり、増やすというのは入り口作りになるわけです。


「いいものを発信していればいずれ人が集まる!」 

こう考える方もいるでしょう。 もちろん、そうです。間違ってません。

でも、時間がかかります。


例えば、田舎の人通りのないところでチラシを配っても誰も受け取ってくれません。どんなに良く出来たチラシでも。人いませんから(笑) 
それよりは、人の多い都会にいってチラシを配った方が受け取ってもらえます。


『いずれ人が集まる』と待っているのでは、田舎でチラシを持って立ち続けている状態です。人がいないというのはビジネスのハードルが上がってしまうのです。


そもそも、いいものを発信するのは当たり前で、その上で告知する(売り込むと言うことではありません)、広める行為が必要です。


Facebookなら友達やフォロワーが1000人、Facebookページならいいねが1000人、アメブロなら読者が1000人を目標にするといいでしょう。

見た目にもある程度『お、いるな〜』と思ってもらえると、勝手に集まるようになってきます。

行列のできている店をみると気になって、中を見たくなるじゃないですか。あれと同じです。

だから、そこまでは意識的に自らも増やすって行動を取った方が、早く効果が現れます。


もちろん、中身がないのに友達や読者増やしても無意味ですからね(笑)
順番は間違わないようにしましょう。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。