意外と知られていないFacebookページにしかない機能を7つ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

Facebookの個人のアカウントと、Facebookページでは機能が少し異なります。

個人のアカウントでは出来ない機能もありますので、活用するとFacebookページの良さが分かります

予約投稿


Facebookページは、投稿の時間を未来の日時に設定できます。つまり予約投稿ができます。
個人のアカウントでは過去の日付を指定して投稿することはできますが、予約投稿はできません。

近況を書く欄の右下にある「投稿する」横の▼から「投稿日時を指定」で予約投稿ができます

書ける時に書きためておいて、予約投稿しておくと便利です

返信


Facebookページの投稿についたコメントには「返信」ができます。


Facebookページでは、個人のアカウントと同じようにコメントに対してコメントしようとすると、コメントの下に追加されるのではなく、上に追加されてしまいます。

ですから、コメントで答えるのではなく、「返信」をすると分かりやすくなります

サムネイル画像の変更


ブログの更新を知らせるために、ブログ記事のURLをコピーして貼り付ける事があります。その時、ブログ側の画像がサムネイルとして表示されます。


ここまでは個人アカウントと同じですが、Facebookページでは、サムネイル画像をFacebook上で変更することができます。


「画像をアップロード」から選び直すことができます ↓


さらに、画像だけではなくタイトルや出だしの文章も変更できます。


魅力的なものにすればブログ記事への入り口として効果を発揮しますね

データ


Facebookページでは投稿のリーチ数(どれだけの人に表示されたか)や、どれだけリンクがクリックされたかがわかります。


その「リーチ○人」をクリックすると詳しいデータが見れます。


個人のアカウントでは投稿がどれだけリーチしたか、どんな反応のされ方をしたかが分かりにくいですが、Facebookページは分析ができます。

広告


Facebookページでは、ページと投稿に広告を出すことができます。
個人のアカウントでは広告をかけることができませんが、広告をつかってリーチを増やすことが可能になります。



ページの広告と投稿の広告


広告には2つあり、「ページ」自体の広告と「投稿」毎の広告があります。

ページの広告は、ページのいいね(ファン)を増やすのが目的です。そもそもこの母数が少ないと投稿もリーチされませんから広告を使って一気に増やすのは効果的です。

投稿の広告は、投稿毎にかけられる広告です。 広告をかけている期間は、その投稿のリーチが増えます。
例えば、1週間の広告をかければ1週間投稿が表示され続けることになりますから、その間更新が必要ないという考え方もできます。

いずれも1日100円から可能です。

広告に関してはこちらが参考になります
Facebook広告 成功のための実践テクニック (Webマーケティングのプロテク)

クーポン


Facebookページでお店用としてクーポンを発行して、来店を促すことなども可能です


クーポンを作ると、下の画像の左側のプレビューのように「クーポン入手」ボタンが表示されて投稿されます。

クーポン利用者は、入手ボタンを押すとFacebookに登録しているメールアドレスにクーポンが届きます。それをお店で提示して使う形になります。

コールトゥアクションボタン


Facebookページのカバー写真上に、行動を促すボタンを設置できます


1クリックで、お問合せや申込みページに移動できますので便利です。
目立つ場所にありますから設定しておきたいボタンですね。

設定の仕方はこちら
さらにFacebookページが便利になる「コールトゥアクションボタン

最後に


今回紹介したように個人のアカウントではない機能があります。
Facebookページは元々企業向けや著名人、サービス、イベント、コミュニティ用としての位置づけですから、ビジネスよりの機能が多いですね。

これらを活用しない手はありませんので、参考にしてみてくださいね

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。