一生売れ続ける商品はない。 だから…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

新しいPDFのプレゼントを作りました

個人のビジネスを加速させる自動化の仕組み作り


ダウンロードして読んでみてくださいね。


僕は時々こんな感じでコンテンツを作ります。
有料のものも、無料のものも。

時流や読者さんの求めていることにあわせて、作り続けないといけないと思っています。


最近ブログやFacebookでも書いていますが、あくまでも主役は商品だからです。

お客さんが欲しいのは商品、サービス、コンテンツです。

これを怠ると、どんどん売れない人になってしまいます。
いいときはいいんですけどね-^^;

芸人さんを見たら分かります。
芸能界が厳しいって知っていますから、新しいネタを必死になって考えてますよね。

そういう努力ってやっぱり必要だと思います。



一生売れ続ける商品てありません。
それは、お客さんの求める事が時代によって変わるからです。

車だって、毎年デザインが変わり、エンジンが変わり、燃費が良くなり、燃料さえ変わってきています。

どんどん変わって当たりまえ。


それを売れているからとあぐらをかいていては、時代の流れに取り残されてしまいます。

常にお客さんに喜んでもらえるものを出し続けるのがビジネスだと思っています。


先日お客さんとスカイプで話をしていて

『内藤さんて、出す商品なんでもすぐ売れているイメージありましたー』

って言われました。

そんな事ありませんし、1つ出す裏には出さない商品がいくつもあります。

いきなり思いつきで出したい商品を出すってことはしません。

ボツにしてるのも山ほどあります。

お客さんは何を欲しがっていて、そのお客さんに向けて何をだしたら喜んでもらえて、いくらだったら納得してもらえて、いつがいのか?

など、観察、リサーチしますし、投げかけて直接聞くときもあります。


お客さんが欲しいと分かってから商品を出すようにしてます。
分かってから出した方がリスクが少ないですから。

だから時間もかかります。

思いついた事をポンと出して売れるほどセンスがないので、地道な事前準備が僕には必要です。

売れてる人って事前準備に一番時間かけると思いますねー。

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。