お客さんが買わない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

内藤です

お客さんが商品・サービスを買わないのには理由があります。

1、欲しいものがない
お客さんは欲しくないもの、必要のないものは買いません。

自分の強みだろうが、出したいものだろうが、売りたいものだろうが、お客さんが欲しくなければお金を出してくれません。

2,予算に合わない
欲しいものでも、予算にあわなければ買えません。
1億の家欲しい人は大勢いますが、買える人は限られてます。

自分の売りたい価格ではなく、お客さんがなっとくする価格にした方が喜ばれます。

3,知らない
欲しいものでも、予算に合っていても、知らないと買ってもらえません。

お客さんが知らないのでは、ないのと同じです。

まずは知ってもらわないと、買おうか買うまいか悩んでもらう事すらできません。

インターネットの役割は、事前にいつでもどこでも告知ができることです。
告知って売り込みではなく、存在を知ってもらい関心を持ってもらうことです。

売り込むんじゃなくて、まずは告知しないと。

『欲しくないものを、予算に合わない値段で、告知もせずに売る』

至難の業です。買う人いないです(笑)

人生は自分のやりたいことを好きなようにすればいいですが、お客さんがいるビジネスではお客さんの立場にならないと売れません。

こだわるならお客さんにこだわるべきです。

売れないものを売ろうとすると、売る努力をしてしまいます。
要らないっていってるのに何度も営業電話してきたり、商品以外の価値を付けようとしたり、あおったり。。

これ大間違いで、根本が売れないものなのに努力して売るとお客さんが迷惑します。

努力すべきは、お客さんが何を求めているかリサーチすることと、どんな商品を出すか選択することにです。

ネットを活用しても、売れないものは売れないですから。

この辺りのことは【個人のビジネスを加速させる自動化の仕組み作り】でも書きましたので、よかったらダウンロードして読んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人サロンSNS集客講座

Facebookとブログで、自分にあったいいお客様を引き寄せませんか?
そして、身につけた技術を多くの方に提供して喜んでもらいませんか?

個人サロンの方のためのSNSを使った動画の集客講座です

詳細をみる

【ネットでファンを作る7つの質問】

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

7つの質問に答えてファンを作る

SNSでもご購読できます。