こんな記事書いてもな〜と思ってませんか?

内藤です

ブログやFacebookで「こんな誰でも知ってるようなこと書いてもな〜」と思ってませんか?

『誰でも知ってるような』って自分で勝手に決めたことですよね? 自分が『誰でも知ってるようなこと』と思ってることって、誰でも知ってるわけではありません。

例えば、スキーの基本は外向傾姿勢です。例えば、バレーでリベロと言えば守備専門の人で後衛に回ってきた選手と交代してコートに立つということは知られています。例えば、花火で『三重芯』と言えば三重芯変化菊が一般的です(笑)

えーと、外向傾とか、リベロとか、三重芯とか分かりました?

僕からしたらあたり前のことです。でも、知らない方も多いはず。要は誰に向けるかです。

知ってる人に向けるのではなく、知らない人に向ければ自分のなかでどんなに初歩的な常識的なことだとしても役立ちます。

「自分はまだ未熟で、もっと詳しい人がいるから書いても読む人がいない。だから書けない。」なんていう方がいます。

自分より詳しい人に向けて、自分の知識を書くつもりですか? 

万人に役立つものなどありません。自分より詳しくない人って必ずいます。そういう方に分かりやすく説明したらとても喜ばれます。

誰よりも詳しくならないと書けないのだったら、それは頂点の一人しか書けないことになります。それを目指しますか?

知識が豊富で詳しい人は、知識がまだなく詳しくない人に向けて説明するのが上手でない場合も多々あります。専門的過ぎて。

だから、誰に向けて書くかって設定するべきです。万人に向けようとしたり、向ける方向を間違うと役に立たないものになります。

ですから、向ける相手をちゃんと設定して、自信を持って書けばいいです。(曖昧なことを曖昧なまま書いても良いってことではないです。また、現状で満足ではなく、自分の知識や技術は上げていく努力は常に必要です)

今よりきっと書きやすくなりますし、喜んでくれる方もいます。

こんな記事書いてもな〜と思っている方。どんどん書いていきましょう^^

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。