「アメブロの他にもWordPressやっておきたいです」という相談

内藤です

「アメブロの他にもWordPressやっておきたいです」という相談を相変わらずされます。

WordPressをメインにしていきたいなら、『ブログ』として使うことをオススメします。『ブログ』としてというのは、WordPressは固定ページを使って更新性の少ない、いわゆる『ホームページ』として使う事もできるからです。

www-31951_640

ホームページってもともとは、サイトの『HOME』になるページのことです。つまりページのトップのことなのですが、今多くの人がイメージするホームページとは、いくつかあるページ全体のwebサイトのことを指していると思います。

それはいいんですけど、WordPressは元々ブログのソフトです。でも『投稿』『固定ページ』という2つの記事の種類があることと、カスタマイズの自由度が高いためにホームページとして使われることも多いのです。

企業のサイトにも見られますが、ホームページって放置されがちです。せっかくWordPressで作ったのに、それではもったいない。

それならちゃんとブログとして使って、動きがあるようにした方が活用できます。個人でビジネスをしているような人なら尚更です。

読者やお客さんは、綺麗なホームページの形を求めてるのではなく、自分にとって有益な情報を求めています。ならば、どんどんブログとして情報発信した方が喜ばれます。やっている事はブログでも、そのサイトをホームページと言っても別にいいわけです。

ブログとして使ったらこんなメリットもあります

  • 検索に強くなる
  • 更新頻度が増え、操作も覚える
  • SNSとも連携しやすくなる

検索に強くなる

ブログとして使えば、日々の更新が増えますからページ数も増えます。Googleからの検索候補が増えることにもなりますし、更新性のあるサイトをGoogleも好みます。

ほったらかしのサイトよりも、日々情報を発信している方が読者にも喜ばれますしね。

更新頻度が増え、操作も覚える

よくアメブロユーザーでWordPressを始めると挫折してしまう人がいます。僕はそれ単純に慣れだと思うのです。

アメブロとは管理画面も違えば、使い勝手も違います。そりゃ慣れてる方が使いやすいです。

アメブロメインで、WordPressはたま〜に開く程度では、どこに何があるかも覚えられません。それで慣れないまま「使いにくい」と思ってやめてしまいます。

ブログとして使い、日々更新のために触っていれば覚えていきます。慣れてしまえば続けられます。

SNSとも連携しやすくなる

ブログとして記事を投稿すれば、その都度FacebookやTwitterなどに更新情報を流す事ができます。

ほったらかしのサイトだと、SNSにも更新情報が出せません。毎回販売ページにリンクする投稿ばかりだと嫌がられます。だから連携しにくのです。

ブログならば、更新情報を流すことで連携でき、SNSからのアクセスも増えていきます。

そんな理由で僕はブログ色の強いテーマ(テンプレート)を使っています。今はSTINGER5というテーマを使っています。シンプルで検索にも強い作りです^^

STINGER5はこちらからダウンロードできます。
⇒ STINGER5公式サイト

ダウンロードのページから、テーマがダウンロードできます。zipファイルになっていますので、展開せずにそのままWordPressの管理画面から『外観』⇒『テーマ』⇒ 『新規追加』でアップロードができます。

ちなみに僕はSTINGER5をそのまま使うのではなく、一部カスタマイズをして使っています。

カスタマイズして使う場合は、直接STINGER5のファイルを編集するのではなく、子テーマを用意してカスタマイズします。直接元テーマを編集してしまうと、バージョンアップしたときにカスタマイズがやり直しになりますので注意が必要です。

※WordPressには、大本のSTINGER5と子テーマ両方をアップロードする必要があります。

僕は固定ページでも商品に関するものは1カラムにしたり(例えばこちら『Facebookとブログでメディアを連動し、個人のビジネスを加速させるメディア構築講座』)、記事エリアの上や、記事下に定型文を入れられるようにカスタマイズしています。

やっぱりブログが好き

FacebookやTwitter、メルマガなどなどありますが、やっぱりブログがプラットフォームです。 FacebookやTwitterからリンクするのもブログですし、メルマガ読者を集められるのもブログです。

ブログを育てられたらずっと使える資産になります。(無料サービスはリスクがありますが^^;)