スマホ率から考えたいアメブロの設置項目

内藤です

このブログもスマホ率が最も高くなりました。

mobile(スマホ) 54.33%
desktop(パソコン)40.28%
tablet(タブレット)5.39%

スマホの割合が半数以上です。

Googleでもモバイルフレンドリーに適合しないサイトは、スマホでの検索順位を下げると発表しています

自分のブログ、サイトはパソコンからが多いのか、スマホからが多いのか、アクセス解析を見て把握しておきましょう。

アメブロのスマホ表示

アメブロは、パソコンからの場合と、スマホからの場合で見え方が異なります。

(パソコン)

(スマホ)

WordPressで、レスポンシブデザインに対応しているテーマ(テンプレート)では、サイドバーは記事の下に移動します。一方、アメブロの場合はサイドバー自体が非表示になります。

ヘッダーや、メニューバーなどカスタマイズしたものも表示されません。
サイドバーが表示されませんので、サイドバー項目のフリースペースや、フリープラグインに入れているものは表示されません。

パソコンで見たとき、サイドバーに大事な記事へのリンクをはっていようが、メルマガのフォームを設置していようが、スマホでは表示されていません。

つまり、スマホユーザーのためには、重要な記事へのリンク等を記事の中に入れないと見てもらえないと言うことです。

これだけスマホユーザーの比率が高くなっていますから、無視するわけにはいきませんね。

定型文も毎回入れる

メニュー記事など重要な記事へのリンクを定型文として、毎回記事下に貼り付けておきたいものです。

アメブロの場合、『フリープラグイン』を使ったカスタマイズをすれば記事下に定型文を自動挿入できます。しかし、スマホではサイドバーがありません。フリープラグインも使えないのです。

その為、定型文がパソコンでは表示されていても、スマホでは表示されないのです。
(※WordPressの場合、定型文を自動挿入するカスタマイズをしたり、プラグインを入れてもパソコン、スマホ両方で表示されます。)

ですからアメブロではスマホユーザー対策として、記事下の定型文は毎回貼り付けたほうがよいのです。

記事毎に入れるので、後で定型文を変えたくなったときに一括で変えられないという不便さはありますね^^;

最後に

読んでもらいたい大事な情報やリンクが、サイドバーだけにあるということがないように見直しましょう。