Facebookやブログの投稿を数字で分類して軌道修正する

内藤です

ブログやFacebookで記事を投稿するときに、「日記にならずに役立つブログにしなきゃ」とか、「文章が固くならないように人柄も感じてもらうようにしないと」とか思うことはないでしょうか?

投稿する記事を次の5つに分類すると、自分の投稿も把握しやすくなります。僕はこんな風に考えています。

1.告知
2.お役立ち系(ノウハウなど)記事
3.ミックス
4.自分の意見や、自分の人柄が伝わる出来事やエピソード(世界観)
5.日記

そして、おおよそ図のような傾向があります。

1.告知

告知の投稿は、商品の紹介だったり、イベントの募集だったりです。

内容は具体的で分かりやすいですが、「人」はあまり感じられません。企業のホームページのニュースなどはそうですね。また、文章も固くなりやすいです。

告知ばかりだと嫌がられます。

2.お役立ち系(ノウハウなど)記事

テーマに関するノウハウなどのお役立ち系の投稿です。

専門性が高まり、検索にも強くなりますが、「人」はまだあまり感じにくく、ファンにもなってもらいにくいです。文章も説明口調で固めになりやすいです。

お役立ち記事は、とても喜ばれるのですが、他に役立つサイトがあれば、そちらに流れやすいです。

3.ミックス

3のお役立ち系記事と、4の「人」や世界観が伝わるような記事とのミックスです。

4.自分の意見や、自分の人柄が伝わる出来事やエピソード(世界観)

自分の意見や考えを出すことで、人柄を感じてもらえる記事です。

メッセージ的なものもここに当てはまります。

文章も柔らかめになり、親近感や関心を持ってもらいやすく「あなただから」というファンが出来やすいです。

ただ、売りものが分かりにくくなります。

5.日記

読者にはメリットがない自己満足の日記記事です。

このように大まかに分類すると、自分のブログやFacebookの投稿の傾向も見えてきます。

『日記』として使うのでなければ、5の日記は論外です。1の告知も必要最低限に抑えたいものです。

ですから、投稿で書きたい記事は2,3,4になります。

理想は3のミックス

理想は1つの投稿で、役に立って人柄も伝わるものです。

でもこれがまた難しい(笑)

例えば、出来事からテーマの役立つことに繋げるなど、『繋げる』ということが必要になります。その繋げるのが考えないとできません。

以前書いたこの記事もまさにこのことです

この3の投稿が出来るようになると、極端な話、何でも記事ネタにできます。何でも結び付けられます。販売や告知にも繋げられます。

バランスよく

全部が全部ミックスした投稿というのは大変なので、投稿毎に2、4を意識して書くと良いでしょう。
「この投稿は2、この投稿は4」などのように。

または、複数のメディアがチームとして機能しているなら、2の比率が高いメディア、4の比率が高いメディアなど分けても良いでしょう。

例えば僕は

・このブログ:2、3、(1)
・Facebook個人:4、3
・Facebookページ:2
・アメブロ:2、3、4
・Simplog:4(アメブロ、Facebookに同時投稿)
・メルマガ:2、3、4、(1)

のように、微妙に異なっています。

ちなみにこの記事は2かな^^;

最後に

1が多ければ多いほどガツガツ感がでます。5の方ばかりにいくとフワフワして売れなくなります。要はバランスが大切です。

その大切さをこちらでも事例を出してお話しています。

喜ばれるのにファンができない。人は集まるのに売れない。そんな方は自分の投稿の傾向を探って、バランスが取れるように修正の目安にしてみてくださいね。

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。