拡散力を高めるためには、友達が多い方がいい

内藤です

facebookの拡散力って凄いですよね。ブログで記事を書いて、facebookで更新情報を投稿するとアクセスがどどっと流れてきます。

これは誰か影響力の強い人がfacebookにブログ記事をシェアした場合でもそうです。どかーんときます。数百、数千とか普通にきます。人によっては万単位でアクセスを送れる人もいるでしょう。それほどfacebookは拡散力が高いです。

でもそれも、facebookで繋がっている人が多いからこそできます。友達0、フォロワー0ではできません。

facebookで繋がりを増やさないと影響力も持てないってことなのですが、『facebook = 友達とのコミュニケーションツール』と思っていると、繋がりを増やすのに抵抗を感じてしまいます。

仕事に絡めるつもりが明確にないのなら、『facebook = 友達とのコミュニケーションツール』でいいと思うのですが、仕事に活かしたいなら繋がりは増やさないと厳しいです。

昔『ブログ = 日記』と思われていた時がありました。

もちろん今でもそういう使い方はあります。でも、ビジネスに活用するなら日記じゃなくて、読者目線の記事を書かないといけないってことは、このブログの読者なら当たり前として思っていると思います。

facebookも同じだと思うんですよね。

ブログでいう日記としての位置づけでいいのか?

そうじゃないって思えるなら、facebookで友達や繋がりを増やすことに置き換えられるはずです。

facebookで、友達を増やすには

・友達リクエストを誰でも受けられるようにする
・友達リクエストが来たら承認する
・投稿を一般公開する
・自らも友達申請を出す
・友達OKを書く

などしてみることが上げられます。

※ただし、闇雲に繋がったり、繋がりたくない人と繋がるのはデメリットもありますから、こちらも一読ください
facebookで、知らない人からの友達リクエストの対策を考えてみた

友達リクエストを誰でも出せるようにする

右上の▼から『設定』

『プライバシー ⇒ 私に連絡を取ることができる人 私に友達リクエストを送信できる人』を全員に。

フォローワー設定の許可する人も全員にしておきましょう

友達リクエストが来たら承認する

これは相手をみて承認しましょう^^;

投稿を一般公開する

自分の投稿をみて関心を持ってもらい友達になってもらった方がいいので、投稿を全員が見れるようにしておきます。

先ほどの 『プライバシー ⇒ 私のコンテンツを見ることができる人 今後の投稿の共有範囲』で公開にします。

自らも友達申請を出す

今度は逆に自分からも友達申請をだして増やして行く場合です。

これも闇雲にするのではなく、繋がっておきたい人に出した方がいいです。

繋がりやすいのは

・友達の友達
・アメブロの読者でfacebookをやっている人
・エリアが関係する場合は、facebookの検索窓に地名を入れて、そこで出てくるfacebookグループやfacebookページに属する人

これらの人にリクエストを出してメッセージも送るといでしょう。

友達OKを書く

「友達リクエストOKですよ」ということを、ブログや他のメディアに書いておくだけでも、友達は増えます。

増やしたい場合は公言しておくといいですね。

あ、僕もメッセージくだされば友達OKです^^

最後に

拡散力を高めるには

・繋がりを増やす
・喜ばれる投稿をする
・自分という人を感じてもらう

ということを意識したいですね。

友達の増やし方は、特に女性は気をつけてくださいね^^

ファンはじっとしていても増えません。

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる