タイトルを変えました

内藤です

このブログのタイトルを変えました。 

『ネットでファン』

超シンプル〜 ^^

logo

ファンを作るってとても大切です。ファンて有名になるとか、目だつとか大げさなことではありません。求められる存在になるってことだと思っています。

例えば、いつも行く近所のラーメン屋さんとか、いつも使ってる商品とか、それってラーメン屋さんのファンだし、商品のファンです。もちろんファンになる理由や、ファンの度合いって色々ありますが、『これがいい』『あんたがいい』って言われることです。

ビジネスってファン作りだと思うんですよね。これにつきると思うのです。

ファンになってくれた人って

・何度も利用してくれる
・周りに広めてくれる
・次の商品のヒントをくれる

という、とてもありがたい存在です。

ネットでファンを作ろう

ネットでファンが出来れば、全国や海外の方がお客さんになってくれますし、遠方から会いに来てくれることもあります。

僕自身、こんな田舎でやってこられているのは、ネットでファンを作れたからです。

ネットって、物理的な縛りや、時間的な縛りを取っ払ってくれます。『いつでもどこでも』を可能にしてくれます。だから僕も田舎でネットライフが出来ています。

僕のお客さまでも、海外にいながら日本の方向けにビジネスをしている方が何人もいます。『あなたのサロンがいい』と、遠方からでも来て下さるサロンもあります。

なぜ今ネットでファンを作ることが大事か?

以前に比べて、欲しいものをgoogle等で検索して買うよりも、facebookなどSNSで誰かが発信していたものが気になって買うという機会が増えてきています。

そんな経験ありませんか?

例えば、『facebookのセミナーに参加したい』と思って検索するよりも、『facebookのセミナーやります!』という投稿を見かけて、参加を決めるなんてこともあると思います。

それには、やはりSNSの人気とスマホの普及が大きいです。スマホは検索で使うよりも、facebookやTwitterを眺めて『情報を受け取る』ということの方が多いのではないでしょうか?

ですから、自分の発信を楽しみにしてくれるファンの存在は、より重要になってきます。そこで、影響力ある、ないで大きく違ってきますから。

ネットで発信て誰でもできますから、誰でも自分自身のファンを作るって可能です。

リアルにも繋げられる

ネットでファンを作ることは大切ですが、ネットでファンが出来たら、それで終わりってことではないです。

ネット上で先にファンになってもらえれば、実際に会ったときに話しは早いし、初めてじゃない気がします。

つまりリアルに繋げやすい。キッカケになるということです。むしろその為に、ネットでファンを作った方がいいとも言えます。

最後に

ファンを作るって、個人に限らず、企業やブランド、商品、観光地などにも言えることだと思うのです。

Appleのファン、軽井沢のファン、レクサスのファン、高橋さんちのりんごのファン、大曲の花火のファン(笑)

などなど、いかに求めてくれる人を作れるかです。

そして、ネットを使えばより多くのファンを作る事もできます。

その為にも、まずは発信し続けることが第一歩ですね