追記)facebookのコメントにできた『返信』で変わったこと

内藤です

facebookの個人の方でも、コメントに『返信』がつきましたね。

以前は『返信』がなく、自らもコメント欄に書くことで返信をしていました。その場合 @の後に名前を入れると、候補の相手が出てきて、誰に対しての返信なのかが分かります。

で、コメントをもらった際に、この『返信』を使ったほうがいいのか、これまでのスタイルでコメントを追加して返信していくのか、どんなメリットがあるのか考えてみました。

『返信』を使うことで変わったこと

誰に対しての返信なのかが分かる

コメントごとに『返信』があるので、誰に対しての返信なのかが分かります。

以前は、相手の名前を書いたり、タグ付けしてコメントを返すことで、返している相手を特定させる必要がありました。

『返信』を使うことで、その手間がなくなったのと、相手も返信してもらえたというのが一目で分かります

やりとりの流れが見やすい

コメントに対しての返信。それに対しての返信。と、ツリー状になり、コメントをくれた人とのやりとりの流れが分かりやすいです。

以前は、ツリー状にならず、全てのコメントが同じ流れの中に含まれてしまっていました。 そのため、返信の間に、違う人からのコメントが入ったりして、一個人とのやりとりの流れが見えにくいという点がありました。

ただ、色んな人のコメントが混ざることで、コメントしてくれた人同士でのやりとりも生まれやすかったです。 

逆に、ツリー状になることで、自分とコメントをくれた人のコミュニケーションは取りやすくなりましたが、他の方が絡みにくくなったとも言えます。

『返信』の数は、コメント数に含まれない

『コメント』と、『返信』が分かれたことで、コメント数のカウントのされ方も変わっています。

これまでは、返信した自分のコメントもコメント数に含まれていました。 例えば10人からコメントが入って、それに1つづつ返したら20と表示されていました。

これが、『返信』を使うことで、コメント数は10のままになります。

ぱっと見の数字として少なくなりますから、盛り上がり感は薄らいでしまうかなと思います

僕はこの『返信』が出てきてからは、ずっと使っていますが、色んな人の絡みを作りたいとか、コメント数を多く見せたいという場合は、『返信』を使わずに以前と同じやり方でもいいと思います。

『返信』ができたのに気づいていなかった方は試してみてくださいね

追記)
スマホで、ついたコメントに対して先にいいねを押すと『返信』が押しにくくなります。
『返信』を先に押して、返信欄を出してから、いいねを押すといいです。

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。