facebookが強い人はブログも、ブログが強い人はfacebookを

内藤です

山から戻りました(笑) 大学時代に野外教育を専攻しておりまして、キャンプカウンセリングなどしておりました。その絡みで先輩から急遽お手伝いの依頼がありまして、東京でセミナーやった翌日に山に入りました。

今季初の登山が野外泊しながらの登山で体がもうバキバキです(笑)

でも雲海から昇る朝日がキレイだった〜

キャンパーにとって野外での体験は、リーダーシップやメンバーとの協調性が至るところで求められます。独りでは野外プログラムを進めることができません。それぞれに役割があり、責任があります。グループとして弱いところを助けあわなければいけませんし、個人の目的も遂げないといけません。

『個とコミュニティ』両方の力が必要です。

登山をしていても決断の連続です。どのルートを進むか? 方向はあっているか? 判断を誤ると遭難や怪我のリスクさえあります。

こういった体験型のプログラムは驚くほど人を成長させてくれます。

人ひとりが強くてもだめ、連携しあってこそ強いチームになります。でも、依存し合ってるのではなく、個としての力もちゃんと持っている。

ネットでも同じことが言えます。

今ブログとか、Facebookとかのメディアも、単体って難しいです。

ブログ、Facebook、メルマガ、ホームページなど連携してこそ強いチームのメディアになります。

どれだけ強いメディアが1つあったとしても、1つよりも複数のメディアを組み合わせた方が全体として強くなります。それは、メディア毎に役割が違うからです。

例えば、「ブログが強いから他をやらなくてもいい」と考えるよりも、「ブログが強いから、他の弱いメディアも助けられる」と考えた方が全体が育ちます。

そして、全体が強くなると、その方がさらに1つも強くなります。 同じ役割なら力が分散してしまいますが、役割が違うからこそ、メディアの個性が違うからこそ、互いが成長します。

僕はそんな風に考えています。

だから、メディアは複数もって、チームにした方がいいです。

ブログが育ってる人は、Facebookやメルマガもやってみる。Facebookで人気のある人は、ブログに繋いでみる。

連携させるってことを意識してみましょう。